1. TOP
  2. 太らない秋のダイエット方法【運動・食事】9つのレシピで冬の激太りを予防

太らない秋のダイエット方法【運動・食事】9つのレシピで冬の激太りを予防

秋には秋に効果的なダイエット方法があります。

なぜならば、秋は夏の疲れた体を回復させて寒い冬に備える季節だからです。

しかも、夏のように汗をかくということも少なくなってきます。運動をしてもすぐに汗も引いてしまいますよね。

 

すでにたっぷり脂肪を蓄えている人にとっては、体が勝手に『冬に備えて脂肪を蓄えていく』というのも迷惑な話ですよね。

太りやすい秋だからこそ、しっかり対策をして行きましょう。

秋のダイエットについて特に重要な運動と食事の方法について紹介したいと思います。

sponsored link

秋はダイエットに最適な季節というのは本当?

秋,ダイエット,太らない方法,食欲,運動,食事,痩せたい

まず初めに… 最近やたらと「秋や冬はダイエットに最適な季節である」という内容の記事をたびたび目にすることが多くなった気がしませんか?

 

でも、それって本当でしょうか?

 

痩せる理由としては、

『気温が下がるから、体が脂肪を燃やして体温を上げようとするから』

『涼しくなりホルモンバランスが整いやすくなるから基礎代謝が上がりやすくなるから』

『外で運動しやすい気候になるから』

と、なんやら”それらしい理由”にも聞こえてしまいます。

 

しかし、実際に「秋になったから痩せた!」「冬になったから痩せた!」という人の話を聞いたことがありません。。。

 

寒くなるし、食欲も増してくるし、【冬に備える】という人間の本能的にも太りやすい季節というのが一番しっくりくると思います。

秋太りする理由

  • 涼しくなって食欲がわいてきたから
  • 食べ物がおいしくてツイツイ食べてしまうから
  • 肌の露出が少なくなっったので気にすることが減るから
  • 重ね着をして周りからの目が気にならなくなるから
  • 夏に比べて汗をかきづらくなるから

など、太りやすい理由をあげれば、こちらの方が「太るあるある」なのではないでしょうか?

実際に僕自身、毎年秋は太ります。

 

ですので、痩せることよりも、しっかり激太り対策をして『ムダに太らない』、『冬に太らない体作りをしておく』ことが秋のダイエットでは重要だと思っています。

 

あなたの場合はどうですか?

 

いろいろな情報が出回っていますが、しっかりあなたが納得できるようなダイエット方法を取り入れることがダイエット成功の秘訣です。

 

前置きが長くなりましたが、本題に入りたいと思います。

秋のダイエットは運動も大切?

秋,ダイエット,太らない方法,食欲,運動,食事,痩せたい

夏に夏バテをしていると筋肉が落ちている可能性があります。

 

筋肉が落ちた状態で脂肪がついてしまうと、太りやすい体質になってしまいます。

なぜなら、力がなくなった上に、体が重く感じるので動く気も失せてくるからです。(しかも冬という運動したくない季節に…)

 

ですので、そのまま冬の飲み会や正月をむかえて体重が【過去最高記録】を更新したという経験をしたこともあるのではないでしょうか?

 

逆に、秋のうちに落ちた筋肉を補って筋力を補っておけば、体力もつくので冬にも活動的になります。

筋肉量が増えれば、基礎代謝も上がるのでムダに太ることも予防できます。

 

なので秋のダイエットに運動はとても重要です。

 

秋のダイエットにおすすめな運動

ただ、天候で言うと秋は台風や秋雨前線の影響で天気が崩れやすい日が多いので運動できない日も多くなってしまいます。

 

でも、室内で運動をすれば、天候に左右されずに毎日運動することができます。

そこで、室内で効果的に脂肪を燃やすのにおすすめな2つの方法を紹介します。

 

5分でできるHIIT(高強度インターバルトレーニング)

秋,ダイエット,太らない方法,食欲,運動,食事,痩せたい↑HIITは有酸素運動の10倍ものあいだ脂肪が燃え続るということがわかったトレーニング方法です。

しかもHIITは筋肉をつける効果も高いので、まさに秋におすすめなダイエット方法です。

HIITなら1日5分の運動だけで2日間も脂肪燃焼効果が続くので、効果的に運動をしたい人、短時間で運動をしたいという人にはもってこいです。

 

HIITの詳しいやり方については『自宅/室内の有酸素運動より効果が10倍!? HIITトレーニングで効果的に脂肪を落とすトレーニングメニュー4つ【やり方解説】』で紹介しています。

 

室内ででいる有酸素運動

↑ウォーキングよりも負荷が高い踏み台昇降運動は脂肪燃焼効果も高い。

HIITは短時間でできるものの、強度が高いので続けるのが辛いという人もいるでしょう。

そういう方はHIITよりもゆるらやかな踏み台昇降運動などが適しています。

どんな運動をすればいいかわからない場合は『【2017】家・室内でできる有酸素運動 厳選14選 梅雨でも簡単自宅でダイエット!』の記事で合うものをみつけてください。

 

「味覚の秋」を楽しむダイエットレシピ9つ

食べるのが好きな人にとって、秋の味覚は外せませんよね。

食べないのはストレスなのでしっかり食べましょう。

簡単に食べられる秋のダイエットレシピから、少し手間のかかる料理まで紹介したいと思います。

1.リンゴとヨーグルト (朝食におすすめ)

秋,ダイエット,太らない方法,食欲,運動,食事,痩せたい

イギスのことわざでは、「1日に1個のりんごは医者を遠ざける」と言われています。

実際に、リンゴを1日1個食べるとドロドロの血液がサラサラになったという実験結果が長野県の研究機関でも発表されています。

 

柿と同様にりんごには、ビタミン、ミネラルがバランスよく体の免疫力を高めてくれる果物でもあります。

秋の朝食にヨーグルトと合わせて食べたり、おやつとして最適な食べ物になるでしょう。

 

2. 柿とヨーグルト(朝食に食べたい)

秋,ダイエット,太らない方法,食欲,運動,食事,痩せたい

柿にはコレステロールを下げたり腸内環境を整える効果があるのでダイエット中でも取り入れたい秋の味覚です。

 

「柿が赤くなれば医者は青くなる」(医者が要らなくなる)ということわざは、体の免疫力を高めてくれるビタミンC、ビタミンAが柿には豊富に含まれていることがもとになっています。

 

また、柿に含まれるタンニンとアルコールデヒドロゲナーゼと呼ばれる酵素はアルコールを分解するため二日酔いにも効果があると言われています。

 

3.さつまいもとヨーグルト(朝食にもおやつにも)

秋,ダイエット,太らない方法,食欲,運動,食事,痩せたい

さつまいもは炭水化物のかたまりだから太りやすいと思われがちですが、そんなこともありません。

 

米に比べて低カロリーでビタミンやミネラル、食物繊維が豊富なため秋のダイエット食として欠かせない存在です。

 

食べ方も色々ありますが、電子レンジで簡単にふかし芋にできるので朝食としてもベストですね。

さつまいもの関連記事はこちら

 

4.さんまの塩焼き(脂がたっぷりでもOK)

秋,ダイエット,太らない方法,食欲,運動,食事,痩せたい

秋のさんまは脂たっぷりだから、食べると太ると思われがちですが、そうではありません。

 

特にさんまの内臓には、あなたの内臓脂肪に直接きくと言われているDHA・EPAという成分が豊富に含まれています。

 

たっぷり太った秋のさんまを食べて、内臓脂肪を減らしましょう。

⇒脂肪燃焼効果をUPさせるさんまの食べ方

 

5.栗ご飯(ビタミン、ミネラル、食物繊維UP!!)

秋,ダイエット,太らない方法,食欲,運動,食事,痩せたい

栗にはビタミン、ミネラル、食物繊維が多く含まれています。そのため、便秘や高血圧で悩んでいる人、肥満の予防をしたい人におすすめの食材です。

 

普通の米を食べるよりも、噛む回数が増えるので少ない量で満足することができます。

 

6.きのこ料理 (揚げ物好きにはたまらない!)

秋,ダイエット,太らない方法,食欲,運動,食事,痩せたい

煮ても、焼いても揚げても美味しいきのこは秋のダイエットレシピには欠かせません。

 

きのこは脂肪の燃焼効果をUPさせるアミノ酸や新陳代謝に必要なビタミンやミネラルも豊富な食材でもあります。

「揚げ物が大好き」というのであれば、「きのこの天ぷら」もおすすめです。

 

7.ちゃんちゃ焼き (簡単でおいしい)

秋,ダイエット,太らない方法,食欲,運動,食事,痩せたい

ちゃんちゃ焼きは北海道の郷土料理で秋の味覚をたっぷり使った料理でもあります。

タンパク質と野菜のバランスがいいので、ダイエットしている人にも秋の定番メニューに入れることができます。

 

8.秋の味覚を使った秋鍋(安い、簡単、うまい!)

秋,ダイエット,太らない方法,食欲,運動,食事,痩せたい

椎茸、舞茸、なめこ、さつまいも、ごぼう、れんこん、チンゲン菜、秋鮭などの秋の味覚を使った鍋料理。

秋の白菜はまだ値段がたかかったりするので代わりに旬のチンゲン菜を使いましょう。

味付けは味噌だと北海道の「石狩鍋風」に、豆乳を入れれば「豆乳鍋」になるし、市販のスープでも美味しくいただけます。

 

9.肉料理

秋,ダイエット,太らない方法,食欲,運動,食事,痩せたい

最後に紹介するのは肉料理です。

夏に落ちた筋肉をできるだけ取り戻したいので、肉を食べて

夏バテした人には「重そう」と感じてしまうかもしれませんが、食べだして観ると以外にパクパク食べられるものです。

なぜなら『肉を食べると元気が出る』という言葉があるように、肉には幸せホルモン『セロトニン』を分泌させる効果があるからです。

また肉にはアミノ酸が多く含まれているので、疲れた体を回復させてくれるこうかもあります。

ただし、肉は消化にも時間がかかるので、必ず野菜と一緒に食べたり、寝る3時間前には食べ終えることに気をつけてください。

肉の食べ方はこちらの記事を参考にしてください。

 

※◯◯だけ食べるダイエット方法は、リバウンドする危険も高いので1日でバランスの取れた栄養が取れるように心がけましょう。

 

自炊を楽にしてくれる魔法のキッチングッズ2つ

レシピを紹介しましたが、正直作るのが面倒くさいというのもありますよね。

そんなあなたにおすすめしたい自炊を簡単にしてくれるキッチングッズ2つはこちら

 

シリコンスチーマー

秋,ダイエット,太らない方法,食欲,運動,食事,痩せたい

「もっと早く買えば良かった」と口コミでも大反響です。

魚も肉も野菜もイケるのでおすすめです。

買ってきて入れるだけ。

しかも具材は甘く美味しくできあがります。

食材のおいしさが引き立つので、味付けも醤油やポン酢、塩コショウだけで本当に美味しいです。

 

タジン

秋,ダイエット,太らない方法,食欲,運動,食事,痩せたい
タジンも数年前に流行った料理器具でシリコンスチーマーのように無視料理が楽しめます。

ただ、タジンは焦げ目も楽しめるので香ばしさもあり、香りも楽しめます。

焼肉や焼き野菜を楽しみたい場合はタジンがおすすめです。

さきほど紹介したチャンチャ焼きもタジンで簡単に作れます。

もちろん味付けは、醤油や塩コショウでOK。

 

秋に読まれている関連記事

 

秋のダイエット方法【まとめ】

秋は夏のダメージを回復させて、寒い冬に備えるリカバリーの時期です。

運動と食事管理をこころがけて、健康を意識してダイエットするとよい結果がでるでしょう。



>>あなたのダイエットを加速させるなら<<




\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ダイエットライフ編集部

ダイエットライフ編集部

ダイエットハウスの中の人。
元オリンピックコーチ。

10年間くらい、アスリート生活をしていました。『痩せやすいけど太りやすい』という体質なので、1年間に5キロ位体重が上下に変動するため、+ー5キロは誤差認識です^_^

現在は色々な人に体重を制限したり、健康的に正しくダイエットする方法を聞かれることがよくあるので、多くの人が読めるように記事にしてみました!少しでも健康なダイエットに貢献できたら嬉しいです♪

この人が書いた記事  記事一覧

  • 人工甘味料が血糖値を上げないは嘘?カロリーゼロで太る、糖尿病になる危険性も【一覧表】

  • 和食ダイエットの効果的な方法とは?日本食が健康的に痩せられる9つの理由

  • ボニックバンテージの効果は圧着ソックス超え!?口コミで評判な5つの理由

  • デブ菌とは?デブ菌を減らす食事の組み合わせ・サプリメント・運動方法

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

  • あなたの理想なダイエット方法は?12の成功例から痩せる本質4つを考える

  • カニダイエットでおいしく痩せる!秋・冬におすすめなダイエット方法

  • まるで悪魔との契約。大学生の時に6ヶ月で16キロ痩せした間違ったダイエット方法と9年間も悩まされている副作用

  • DHEAサプリは副作用の危険も!『副腎』でDHEAを効果的に自然分泌させる食べ物6つ

  • 痩せるには?食事制限なしだと、どれくらいの運動量で痩せられる?

  • 篠原信一と椿鬼奴が夏の冷え性を黒酢しょうがで改善!ダイエットにも効果抜群の理由とは?