1. TOP
  2. 太らない秋のダイエット方法【運動・食事とレシピ】

太らない秋のダイエット方法【運動・食事とレシピ】

 

秋には秋のダイエット方法があります。

秋は痩せやすい夏と太りやすい冬の間にある季節で、人間にとってはリカバリーが大切な季節です。

夏に落ちた体力を回復して寒い冬に備えるために食欲も回復し、体も脂肪を蓄えやすくなっていきます。

 

ただ、充分に脂肪を蓄えている人にとっては、これ以上の脂肪は不必要ですよね。

今回は秋におすすめなダイエット方法を紹介したいと思います。

 

sponsored link

秋のダイエットは運動も大切?

夏に夏バテをしていると筋肉が落ちている可能性があります。

筋肉が落ちた状態で脂肪がついてしまうと、太りやすい体質になってしまいます。

秋のうちに落ちた筋肉を補っておけば、脂肪も落ちやすくなります。

なので秋のダイエットに運動はとても重要です。

 

ただ、天候で言うと秋は台風や秋雨前線の影響で天気が崩れやすい日が多いので運動できない日も多くなってしまいます。

でも、室内で運動をすれば、天候に左右されずに毎日運動することができます。

そこで、室内で効果的に脂肪を燃やすのにおすすめな2つの方法を紹介します。

 

5分でできるHIIT(高強度インターバルトレーニング)

↑HIITは有酸素運動の10倍ものあいだ、脂肪が燃え続けます。

最近の研究からわかった最も脂肪燃焼効率の高い運動方法です。

HIITは1日5分の運動だけで2日間も脂肪が燃焼し続けます。

有酸素運動の10倍の時間も脂肪の燃焼効果が続くので、効果的に運動をしたい、短時間の運動をしたいという人にはもってこいです。

 

HIITの詳しいやり方については『自宅/室内の有酸素運動より効果が10倍!? HIITトレーニングで効果的に脂肪を落とすトレーニングメニュー4つ【やり方解説】』で紹介しています。

 

室内ででいる有酸素運動

↑ウォーキングよりも負荷が高い踏み台昇降運動。

HIITは短時間でできるものの、強度が高いので続けるのが辛いという人もいるでしょう。

そういう方はHIITよりもゆるらやかな踏み台昇降運動などが適しています。

どんな運動をすればいいかわからない場合は『【2017】家・室内でできる有酸素運動 厳選14選 梅雨でも簡単自宅でダイエット!』の記事で合うものをみつけてください。

 

 

「味覚の秋」を楽しむダイエットレシピ8つ

食べるのが好きな人にとって、秋の味覚は外せませんよね。

食べないのはストレスなのでしっかり食べましょう。

簡単に食べられる秋のダイエットレシピから、少し手間のかかる料理まで紹介したいと思います。

 

1.リンゴ (朝食に食べたい)

イギスのことわざでは、「1日に1個のりんごは医者を遠ざける」と言われています。

実際に、リンゴを1日1個食べるとドロドロの血液がサラサラになったという実験結果が長野県の研究機関でも発表されています。

 

柿と同様にりんごには、ビタミン、ミネラルがバランスよく体の免疫力を高めてくれる果物でもあります。

秋の朝食にヨーグルトと合わせて食べたり、おやつとして最適な食べ物になるでしょう。

 

2. 柿 (朝食に食べたい)

柿にはコレステロールを下げたり腸内環境を整える効果があるのでダイエット中でも取り入れたい秋の味覚です。

「柿が赤くなれば医者は青くなる」(医者が要らなくなる)ということわざは、体の免疫力を高めてくれるビタミンC、ビタミンAが柿には豊富に含まれていることがもとになっています。

また、柿に含まれるタンニンとアルコールデヒドロゲナーゼと呼ばれる酵素はアルコールを分解するため二日酔いにも効果があると言われています。

 

 

3.さつまいもdeふかし芋(朝食にもおやつにも)

さつまいもは炭水化物のかたまりだから太りやすいと思われがちですが、そんなこともありません。

米に比べて低カロリーでビタミンやミネラル、食物繊維が豊富なため秋のダイエット食として欠かせない存在です。

食べ方も色々ありますが、電子レンジで簡単にふかし芋にできるので朝食としてもベストですね。

さつまいもの関連記事はこちら

 

 

4.さんまの塩焼き (脂がたっぷりでもOK)

秋のさんまは脂たっぷりだから、食べると太ると思われがちですが、そうではありません。

特にさんまの内臓には、あなたの内臓脂肪に直接きくと言われているDHA・EPAという成分が豊富に含まれています。

たっぷり太った秋のさんまを食べて、内臓脂肪を減らしましょう。

⇒脂肪燃焼効果をUPさせるさんまの食べ方

 

5.栗ご飯(ビタミン、ミネラル、食物繊維UP!!)

栗にはビタミン、ミネラル、食物繊維が多く含まれています。そのため、便秘や高血圧で悩んでいる人、肥満の予防をしたい人におすすめの食材です。

普通の米を食べるよりも、噛む回数が増えるので少ない量で満足することができます。

 

6.きのこ料理 (揚げ物好きにはたまらない)

煮ても、焼いても揚げても美味しいきのこは秋のダイエットレシピには欠かせません。

きのこは脂肪の燃焼効果をUPさせるアミノ酸や新陳代謝に必要なビタミンやミネラルも豊富な食材でもあります。

「揚げ物が大好き」というのであれば、「きのこの天ぷら」もおすすめです。

 

7.ちゃんちゃ焼き (簡単でおいしい)

ちゃんちゃ焼きは北海道の郷土料理で秋の味覚をたっぷり使った料理でもあります。

タンパク質と野菜のバランスがいいので、ダイエットしている人にも秋の定番メニューに入れることができます。

 

8.秋の味覚を使った秋鍋(安い、簡単、うまい!)

椎茸、舞茸、なめこ、さつまいも、ごぼう、れんこん、チンゲン菜、秋鮭などの秋の味覚を使った鍋料理。

秋の白菜はまだ値段がたかかったりするので代わりに旬のチンゲン菜を使いましょう。

味付けは味噌だと北海道の「石狩鍋風」に、豆乳を入れれば「豆乳鍋」になるし、市販のスープでも美味しくいただけます。

※◯◯だけ食べるダイエット方法は、リバウンドする危険も高いので1日でバランスの取れた栄養が取れるように心がけましょう。

 

秋に読まれている関連記事

 

 

秋のダイエット方法【まとめ】

秋は夏のダメージを回復させて、寒い冬に備えるリカバリーの時期です。

運動と食事管理をこころがけて、健康を意識してダイエットするとよい結果がでるでしょう。

 



>>あなたのダイエットを加速させるなら<<




\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ダイエットライフ編集部

ダイエットライフ編集部

ダイエットハウスの中の人。
元オリンピックコーチ。

10年間くらい、アスリート生活をしていました。『痩せやすいけど太りやすい』という体質なので、1年間に5キロ位体重が上下に変動するため、+ー5キロは誤差認識です^_^

現在は色々な人に体重を制限したり、健康的に正しくダイエットする方法を聞かれることがよくあるので、多くの人が読めるように記事にしてみました!少しでも健康なダイエットに貢献できたら嬉しいです♪

この人が書いた記事  記事一覧

  • パスタダイエットは食べながら痩せる方法【やり方・食べ方・レシピ】

  • 知らないと損する断食の効果。この2つのやり方は即効性あり!激しい運動と同じ効果も

  • 藤田ニコル式ダイエット方法4つ。食事と運動で4キロ痩せる方法

  • 【衝撃映像】松村邦洋ライザップの結果失敗?…8ヶ月で30キロ痩せていた!