ボディーメイク無料講座

最近、自分の背中を鏡で見て驚愕した覚えはありませんか?

三段腹ならぬ、三段背中になっている人もいます。

 

「このままではマズイ!」

と思った、あなたのために簡単にできる背中痩せストレッチ・エクササイズの方法を紹介します。

 

1週間くらいで効果も実感できるので、ストレッチ、エクササイズなので、運動嫌いな私にも続けることができました。

 

 

背中が太る理由3つとは?

1.姿勢が悪い、猫背だから

背中が太るのは日本の現代病とも言えます。

パソコン仕事、事務仕事、スマホのしすぎなどなど、考えてみると背中は日常の生活で殆ど動いていないんですよね。

動いていないということは、当然脂肪も代謝されずにドンドン溜まっていきます。

そして動かさないことによって筋肉も衰えていくので、さらに代謝が悪くなって太りやすくなります。

代謝が悪くなった筋肉は、冷えやすくなり、血行が悪くし、重い肩こりももたらします。

姿勢をリセットするエクササイズと肩甲骨と骨盤を連動させて、活動代謝がグンと上がるエクササイズを2つの記事で紹介しています。

ダイエット・ボディメイクの基本として2週間続けることで効果を実感できます。

 

2.背中の筋肉が運動不足で衰えているから

普段、運動しているのに、背中が太る人は、背中の筋肉が運動不足だったりします。

例えばウォーキングでも腕をしっかり後ろに振れていない人は、背中の筋肉が使えていません。

背中は特に見えないので意識もしずらいのですが、背中の筋肉が運動不足で背中が太る人も多いです。

 

3.加齢で脂肪がつきやすくなるから

「鏡で背中をみたら驚愕した」という40代の人も多いのではないでしょうか?

特に女性は「ブラの食い込みが激しくて青ざめた」という話もよく聞きます。

なぜなら、女性は、男性よりも背中に贅肉がつきやすいからというのが、NHKの『ためしてガッテン!』で紹介されていました。

ちなみに、男性は背中よりもお腹のほうに脂肪が溜まりやすいそうです。

背中はあまり鏡で見ることがないので、ぜひ、あなたも背中を一度合わせ鏡などを使って見てみましょう。

 

本当にストレッチで背中痩せできるの?

目では見えませんが、背中には40もの筋肉で構成されています。

 

なので、背中をストレッチして、この40ヶ所の筋肉をしっかりほぐしてあげると、血行がよくなり脂肪を燃焼させて代謝することができます。

 

また、加齢が原因で背中太りしてしまっている人は、筋肉をつけて、基礎代謝をあげる必要があります。

 

こちらの背中痩せする筋トレ方法もやると、短期間で背中痩せできること間違いなしです。

 

※よく「褐色脂肪細胞」という肩甲骨にある細胞を活性化させたり、増やしたりすると痩せるという記事が目立ちます。

同じくこちらの『褐色脂肪細胞の不都合な真実』の記事にて説明してあります。

 

無駄な努力をして「痩せない!」ということに、ならないように気をつけましょう。

ストレッチで背中痩せするコツ3つ

1.【重要】呼吸のタイミング

ストレッチでいちばん重要なのは呼吸です。

呼吸の仕方がわからないと、筋肉がうまく伸びません。

でも呼吸の方法は簡単なのでだれでもできます。

ポイントは
・筋肉を伸ばす時にゆっくり吐く
・伸びた状態から戻す時にゆっくり吸う

この2つだけです。

呼吸を止めないように気をつけながら運動していきましょう。

 

2. 肩甲骨をよく動かしてストレッチ

簡単に肩甲骨ストレッチをする方法

肩甲骨は、20個もある背中の筋肉と深い関係にあります。

特に三角筋は背中の中で1番大きな筋肉でもあり、肩甲骨とも大きな関係があるので、肩甲骨を動かすと効果的にカロリーと脂肪を燃焼することができます。

なので肩甲骨を動かしてあげることによって効果的に背中をストレッチすることができます。

3. 腰をひねってストレッチ

腰にある広背筋も背中にあるもっとも大きな筋肉の1つです。

腰をひねることによって広背筋を伸ばすことができるので、特に背中の腰回りの肉を落とすのに効果的です。

 

背中痩せはダイエットのメリット4つ

背中痩せはダイエット効果だけではありません。
他にもこんなメリットがあります。

 

1. 背中がキレイになる

背中痩せしたい人の目的通り、背中がキレイになる。

きれいな背中


頑張ってこんな背中を目指しましょう。

 

2. 肩こり・頭痛・冷え症が改善

背中の筋肉が柔らかくなり、血行がよくなります。

血行が悪いことが原因で起きる肩こりへの効果は抜群で、肩こりによって引き起こされる頭痛やめまい、冷え症も一緒に改善できる可能性があります。

 

3. 猫背が改善

固くなった筋肉がほぐれて、猫背が改善して、自然と背筋が伸びます。

合わせて背中を鍛えると、モデルのように首が長い感じのスタイルになれるのも魅力ですね。

 

4. 痩せ体質になる

どんな運動でも、大きな筋肉を鍛えると基礎代謝が上がります。

背中には大きな筋肉があり、それが活性化して血流がよくなると、基礎代謝があがり痩せ体質になることができます。

 

【1週間で効果を実感!】おすすめ背中痩せするストレッチ7つ

 

寝たままできる背中ストレッチ

↑背中痩せストレッチの中で1番簡単にできるストレッチ方法です。

 

うつ伏せの状態から寝ながらできるので、朝起きてからまずこのストレッチから始めるのもおすすめです。

 

ポイント!
  • 呼吸をとめないで、深く深呼吸しながらする
  • 息を吐ききるまでのばす

 

背中がグイグイ伸びるストレッチ

↑体が固くても背中の筋肉がグイグイのびるストレッチ方法です。

肩甲骨回りの筋肉が伸びるのでおすすめです。

 

ポイント!
  • 足の小指側を反対側の手でつかむ
  • 膝は軽く曲げる
  • 手の代わりにタオルを使ってもOK

 

体が硬い人でもできるタオルでストレッチ

タオルを使うことで体が硬い人でも効果的にストレッチできる方法です。

 

ポイント!
  • 腕を伸ばす(曲げない)

 

肩甲骨はがし

肩甲骨はがしは、肩甲骨を効果的に動かしてできるストレッチ方法です。

動画の中で呼吸のタイミングも教えてくれるので、動画をみながらやるのが効果的です。

ポイント!
  • 無理して動かさない
  • 耳、鎖骨、肘で三角形をつくる

 

ストレッチボールで背中痩せ

ストレッチポールという道具を使ったストレッチ方法です。

この動画はストレッチポール初心者の人でもわかりやすいように、ポジションや使い方を丁寧に教えてくれます。

動画をみながらゆっくりやってみましょう。
ストレッチ効果抜群です。

準備するもの

  • ストレッチポール
  • タオル
  • ボールまたは、小クッション

 

ストレッチポールは、背中のストレッチにとても効果的です。しかも簡単、楽!

ストレッチポールの効果や厳選動画はこちらの記事で紹介しています。

背中と腰回りが痩せるストレッチ

腕を5分するだけで、背中の腰回りができるストレッチ方法です。

ポイント!
  • 顔は固定して、腰と一緒にひねらないこと
  • 呼吸は自然に呼吸する
  • ウエストは力を入れずに振る

 

バレエストレッチ

肩の筋肉を柔らかくしてくれるストレッチです。

動画がとてもわかり易いので見ながらそのままできます。

 

ポイント!
  • 動画をそのままマネましょう
  • 呼吸は常に深くゆっくりとしましょう

 

背中痩せストレッチ【まとめ】

背中痩せするストレッチ方法6つとコツを紹介しましたが、いかがでしたか?

筋トレをして鍛える前に、まずは筋肉を解してあげた方がむくみも改善するので効果的です。

それから、なんといっても怪我するリスクを0に近づけることができます。

今日からできるのでやってみてください。

 

背中をキレイに見せる関連記事はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう