1. TOP
  2. エクササイズで痩せる
  3. 痩せ体質効果バツグン!簡単な肩甲骨ストレッチでダイエットを加速させる方法 厳選4選【動画】
プレミアム酵母

痩せ体質効果バツグン!簡単な肩甲骨ストレッチでダイエットを加速させる方法 厳選4選【動画】

もし、効果的にダイエットをしたいと思っているのであれば、まずは、肩甲骨ストレッチから入ることをおすすめします。

なぜかというと、効果を実感しやすいので、あなたのダイエットをスムーズに進めてくれるからです。

 

「色々なダイエットをしてみたけど、なかなか効果が出なくて挫折した…」というのであれば、きっと今回こそ効果を実感できるでしょう。

 

ちなみに今回紹介する肩甲骨ストレッチの方法は、運動不足、運動嫌いの人でも初められる簡単な方法です。

 

イスに座りながら、またはテレビを見ながらできるので、まずは始めてみましょう。

sponsored link

【注意】知らないと後悔する間違った肩甲骨ダイエット

まず、知っておいていただきたいのですが、ちまたで流行っている『褐色脂肪細胞』(刺激すると痩せやすくなると言われている肩甲骨周辺にある細胞)を刺激する肩甲骨ダイエットは効果ありません。

なぜならば、医学的な根拠が全く無いからです。

よく調べてみるとわかるので、詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください▶『肩甲骨ダイエットの不都合な真実』褐色脂肪細胞は刺激しても活性化しないし増やす方法もなかった…

 

簡単に説明すると、こんな感じです↓

『褐色脂肪細胞』に脂肪燃焼効果があることは確かなのですが、よくある肩甲骨はがしや肩甲骨のストレッチでは『褐色脂肪細胞』を刺激することはできません!

肩甲骨,肩甲骨はがし,ダイエット,ストレッチ,やり方,危険

そう、つまり、いくら褐色細胞を刺激する方法(例えば、食べ物や入浴方法など)を試しても、言われているような脂肪燃焼効果はありません。

 

そんな効果がないことを続けて努力するのは、時間のムダだしストレスでしかありません。

 

なので、ここでは効果的かつ効率的にできる肩甲骨ダイエットの方法を紹介します。

 

肩甲骨をストレッチするメリット4つ

肩甲骨,肩甲骨はがし,ダイエット,ストレッチ,やり方,危険

まず、なぜ肩甲骨ストレッチをすると太りにくい体になるのかを説明します。

 

 

1. 猫背が解消されて、背中美人に!

肩甲骨,肩甲骨はがし,ダイエット,ストレッチ,やり方,危険

肩甲骨はがしストレッチをすると、背筋がスーーーっと伸びるので、猫背が解消できます。

 

まず、現代人の多くはスマホを使ったりパソコンを使う時間が劇的に増えたため、猫背の人が多いです。

 

猫背である理由が実は『肩甲骨』が開ききった状態だからなのです。

 

そうすると肩甲骨にくっついている筋肉を動かすことがないので、固くなってしまいます。

 

筋肉は動かさないと、冷えて血行が悪くなり、代謝が落ちて太りやすくなります。

 

さらに言うと、猫背になるとお腹の力も自然と緩んでしまうので、お腹周りが弛んだり太りやすい体質になってしまうのです。

 

肩甲骨はがしやストレッチをすると猫背を解消できるので太りにくい体質を作ることができるのです。

 

2. 便秘が原因のぽっこりお腹を解消

肩甲骨,肩甲骨はがし,ダイエット,ストレッチ,やり方,危険

肩甲骨は上半身を支えるとても大切な骨です。

 

ここの骨が開いたり歪んだりしてくると、下半身を支える骨盤も歪んできてしまいます。

 

そうなると、体中の骨や筋肉が歪み体に不調をあたえることになるでしょう。

特に骨盤に守られている内臓も圧迫されてしまうので機能の低下をもたらします。

 

猫背になると腹筋を使わなくなるということは先程言いましたが、腹筋を使わなくなるとお腹がたるむだけではなく内臓機能も低下します。

 

猫背になった状態だとお腹が常に圧迫された状態なので血液の循環が悪くなります。

 

そうなると血行が悪くなり内臓が冷えるので内蔵の機能が低下してしまいます。

 

もし、あなたが、中々解消されない便秘に苦しんでいるのであれば、原因は猫背にあるかもしれません。

 

実際に肩甲骨をストレッチしたら通弁が良くなり痩せたという人はいます。

 

つらい肩こりも解消されて体も軽やかに!

肩甲骨,肩甲骨はがし,ダイエット,ストレッチ,やり方,危険

猫背の人が最も悩むのが、ズーーーンと重い肩こりではないでしょうか?

 

肩こりになっている人は肩甲骨の周りの筋肉が固まりきってしまっているため、肩甲骨と首を繋ぐ『僧帽筋』(そうぼうきん)やインナーマッスルである『肩甲挙筋』(けんこうきょきん)が伸びて固まってしまっています。

 

その結果、肩こりが起きてしまうのです。

 

例えば、寝てる時に長時間腕を伸ばしていて腕が痛くなったことはありませんか?

 

または、1日たち仕事で脚を伸ばし続けていた結果、脚の筋肉がすごく疲れということはありませんか?

 

それと同じ症状が肩甲骨が原因で首や肩周りの筋肉を伸ばしっぱなしにしてしまうのです。

 

肩甲骨と肩甲骨周りの筋肉をストレッチすることで肩こりを治すこともできます。

 

頭痛や目の疲れも解消されるから毎日スッキリ!

肩甲骨,肩甲骨はがし,ダイエット,ストレッチ,やり方,危険

肩こりや目の疲れ、そして頭痛は関連があると言われていますが、その大本になるのが肩甲骨だからです。

 

実は目を動かす筋肉は『肩甲挙筋(けんこうきょきん)』と呼ばれ、肩甲骨とつながっているのです。

 

肩甲骨がずっと動かないままだとこの『肩甲挙筋』も固まってしまいます。

 

これが原因で、目に疲れが溜まるのです。

 

頭痛については、肩甲骨と頭を繋ぐ僧帽筋がこってしまうので血流が悪くなり、頭の血流も悪くなります。

 

これが、肩甲骨と頭痛のメカニズムです。

 

頭の周りの血液は細いのでとても影響を受けやすく、吐き気がするほどの症状の時は内部出血している可能性もあります。

 

ですので、肩甲骨をしっかりストレッチして上げることによって、あなたの酷い頭痛や目の疲れも解消することができます。

 

誰でも簡単にできる肩甲骨ストレッチのやり方4つ

肩甲骨のストレッチですが、肩甲骨の周りの筋肉がガチガチに固まった状態で無理やり行うと肩を痛めてしまうので危険です。

 

正しい知識を基にして行わないとケガをする原因になるので、しっかり専門の先生のアドバイスを聞いてからやりましょう。

1.人気整体院直伝!簡単にできる肩甲骨ストレッチの方法

そちらがこちらの和歌山県で人気の整体「廣井整体院」の先生が紹介している方法です。↓

オフィスの椅子で座ったままでもできるのでぜひやってみてください。

 

肩甲骨周りの筋肉が柔らかくなるとこんなこともできるようになります↓

コレができたら『肩甲骨はがしの達人』ですね(笑)

 

次に紹介する方法は、ゴムチューブなどのストレッチグッズを使った方法です。

これもかなりおすすめなので、まずは動画を確認してみてください。

 

2. ゴムチューブを使った肩甲骨ストレッチ方法

ゴムチューブを使った肩甲骨のストレッチは芸能人の渡辺徹さんが12キロ痩せた方法でもあります。

有名なのは『楽体』という女優の水川あさみさん米倉涼子さんもやっている人気のストレッチ方法です。

こんな感じです↓

もし興味がある人は、アマゾンで売っているので試してみてください。

ゴムチューブとDVDがついてくるので、アドバイスにそって、正しくストレッチすることができます。

 

 

3.バランスボールを使った肩甲骨ストレッチのやり方

これはボールが転がる原理を利用するので負荷なく肩甲骨をストレッチすることができます。

1日に1分なればできてしまう方法です。

 

ボールが転がる力を利用するので、グイーーーンと背中、肩周りの筋肉が伸びていくのが実感できます。

ストレッチボールは持っている家庭も多いかもしれないので、始めやすいかもしれませんね。

 

 

4.ストレッチポールを使って肩甲骨ストレッチする方法

このストレッチポールを使った方法は、寝るだけで肩甲骨ストレッチができるの簡単、しかもリラックス効果も抜群です。

もしストレッチポールがなければ布団を丸めて行ったり、だきまくらをヨガマットなどを巻いて行う方法もあります。

ですが、アマゾンだと2000円弱で手に入るので、ぜひ買ってください。

ぜんぜん違います。

また、もしあなたが「ウォーキングしてます!」というのであれば、ウォーキング中に肩甲骨をストレッチする方法もあります。

ウォーキングのダイエット効果も倍増するので、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

肩甲骨ダイエットの関連記事はこちら

 

【まとめ】

肩甲骨ストレッチがどれだけダイエットに効果的かをお伝えしましたが、いかがでしたか?

 

30秒あればできるので、まずはやってみましょう。

 

猫背が改善し、ぽっこりお腹が解消し、おまけに肩こりや目の疲れまで解消できるので、あなたの生活がより快適になること間違いないでしょう。



カロリーカット,サプリメント


\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ダイエットライフ編集部

ダイエットライフ編集部

ダイエットハウスの中の人。

元オリンピックコーチ。


10年間くらい、アスリート生活をしていました。『痩せやすいけど太りやすい』という体質なので、1年間に5キロ位体重が上下に変動するため、+ー5キロは誤差認識です^_^


現在は色々な人に体重を制限したり、健康的に正しくダイエットする方法を聞かれることがよくあるので、多くの人が読めるように記事にしてみました!少しでも健康なダイエットに貢献できたら嬉しいです♪


この人が書いた記事  記事一覧

  • 忙しいOL向けダイエットの食事の決定版!朝食と昼食のレシピ厳選11つ

  • 『この鍋ダイエット方法は効果ヤバ…』成功する1週間【夜】のレシピとメニューを公開!

  • おすすめは個別筋トレサポート付き?HMBサプリランキング5【男性・女性兼用】

  • 黒きくらげの効能とは?『黒木耳鍋』で26キロダイエット?簡単に作れる薬膳レシピ5つ

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

  • 痩せるには?食事制限しても痩せない人は◯◯不足が原因の可能性大かも?

  • ダイエットの成功方法は武井壮に学べ!続かず3日坊主だった人たちがゾクゾク継続中!

  • 1週間で下腹部痩せ!筋トレ&運動は最小限、効果的な食事で簡単に痩せる方法

  • 成功例を極めろ!ストレスフリーダイエットで無理せず確実に痩せる8つの極意

  • 帳消しダイエットの伊達友美とは?本から読む伊達式脂肪燃焼ダイエット

  • ソレダメで紹介!骨ストレッチのやり方と効果 桐生選手との意外な関係とは?