肩甲骨はがしストレッチでダイエット以上に痩せる!効果的に太りにくい体づくりを作る3つのストレッチ方法 | ダイエットハウス
  1. TOP
  2. 肩甲骨はがしストレッチでダイエット以上に痩せる!効果的に太りにくい体づくりを作る3つのストレッチ方法

肩甲骨はがしストレッチでダイエット以上に痩せる!効果的に太りにくい体づくりを作る3つのストレッチ方法

巷で流行っている『褐色脂肪細胞』と呼ばれる脂肪を燃焼させる細胞を刺激して痩せると噂の肩甲骨ダイエットですが、実は医学的な根拠が全く無いということをご存知ですか?

詳しくはこちら▶『肩甲骨ダイエットの不都合な真実』褐色脂肪細胞は刺激しても活性化しないし増やす方法もなかった…

 

『褐色脂肪細胞』に脂肪燃焼効果があることは確かなのですが、よくある肩甲骨はがしや肩甲骨のストレッチでは『褐色脂肪細胞』を刺激することはできません!

肩甲骨,肩甲骨はがし,ダイエット,ストレッチ,やり方,危険

そう、つまり、いくら肩甲骨をストレッチしても脂肪燃焼効果は発揮されず、ダイエットの効果はないのです。

 

ただし、肩甲骨はがしやストレッチをすることによって体のバランスを正常にすることができるので、太りにくい体を作ることができるのは確かです。そして、結果的に痩せることもできます。

 

今回は正しい知識を基に『素人でもできる肩甲骨はがし』と『効果的な肩甲骨ストレッチ』で太りにくい体体を作る方法を紹介していきます。

 

sponsored link


肩甲骨をストレッチするメリット4つ

肩甲骨,肩甲骨はがし,ダイエット,ストレッチ,やり方,危険

まず、なぜ肩甲骨はがしをしたりストレッチをすると太りにくい体になるのかを説明します。

『褐色脂肪細胞』は全く関係ないのでもう忘れましょう(*_*)

それでも肩甲骨をストレッチすることで細くなることができるのは確かです。

猫背が解消される

肩甲骨,肩甲骨はがし,ダイエット,ストレッチ,やり方,危険

まず、現代人の多くはスマホを使ったりパソコンを使う時間が劇的に増えたため、猫背の人が多いです。

 

猫背である理由が実は『肩甲骨が』開ききった状態だからなのです。

 

そうすると肩甲骨にくっついている筋肉は伸びっぱなしになり、固くなってしまいます。

 

そうなると筋肉が冷えて、結構が悪くなり、代謝が落ちて太りやすくなります。

 

更に言うと、猫背になると腹筋に力を入れることが少なくなるので、お腹周りが弛んだり太りやすい体質になってしまうのです。

 

肩甲骨はがしやストレッチをすると猫背を解消できるので太りにくい体質を作ることができるのです。

 

骨盤の歪みが解消され便秘も解消される

肩甲骨,肩甲骨はがし,ダイエット,ストレッチ,やり方,危険

肩甲骨は上半身を支えるとても大切な骨です。ここの骨が開いたり歪んだりしてくると、下半身を支える骨盤も歪んできてしまいます。

 

そうなると、体中の骨や筋肉が歪み体に不調を与えることになるでしょう。特に骨盤に守られている内臓も圧迫されてしまうので機能の低下をもたらします。

 

猫背になると腹筋を使わなくなるということは先程言いましたが、腹筋んを使わなくなるとお腹がたるむだけではなく内臓機能も低下します。

 

猫背になった状態だとお腹が常に圧迫された状態なので血液の循環が悪くなります。そうなると結構が悪くなり内臓が冷えるので内蔵の機能が低下してしまいます。

 

中々解消されない便秘の原因はもしかしたら肩甲骨にあるかもしれません。

 

実際に肩甲骨をストレッチしたら通弁が良くなり痩せたという人はいます。

 

つらい肩こりも解消される

肩甲骨,肩甲骨はがし,ダイエット,ストレッチ,やり方,危険

猫背の人が最も悩むのが肩こりです。

 

肩こりになっている人は肩甲骨が開きっぱなしになってしまっているため、肩甲骨と首を繋ぐ『僧帽筋』(そうぼうきん)やインナーマッスルである『肩甲挙筋』(けんこうきょきん)が伸びて固まってしまっています。

 

その結果、肩こりが起きてしまうのです。例えば、寝てる時に長時間腕を伸ばしていて腕が痛くなったことはありませんか?

 

または、1日たち仕事で脚を伸ばし続けていた結果、脚の筋肉がすごく疲れということはありませんか?

 

それと同じ症状が肩甲骨が原因で首や肩周りの筋肉を伸ばしっぱなしにしてしまうのです。

 

肩甲骨と肩甲骨周りをケアすることで肩こりを治すこともできます。

 

頭痛や目の疲れが取れる

肩甲骨,肩甲骨はがし,ダイエット,ストレッチ,やり方,危険

肩こりや目の疲れ、そして頭痛は関連があると言われていますが、その大本になるのが肩甲骨だからです。

 

実は目を動かす筋肉は『肩甲挙筋』と呼ばれ、肩甲骨とつながっているのです。

肩甲骨がずっと動かないままだとこの『肩甲挙筋』も固まってしまいます。その結果、目に疲れが溜まるのです。

 

頭痛については、肩甲骨と頭を繋ぐ僧帽筋が凝り血液の循環が悪なることで、頭の周りの筋肉も血液の流れが悪くなり引き起こされます。

 

頭の周りの血液は細いのでとても影響を受けやすく、吐き気がするほどの症状の時は内部出血している可能性もあります。

 

ですので、大本となる肩甲骨をしっかりストレッチして上げることはとても重要なのです。

 

素人でもできる簡単な肩甲骨はがしのやり方

肩甲骨はがしですが、肩甲骨の周りの筋肉がガチガチに固まった状態で無理やり行うと危険です。

 

正しい知識を基にして行わないと怪我をする原因になるのでしっかり正しい情報を基に行いましょう。

 

これから紹介する方法は椅子に座りながら誰でも簡単にできる方法です。オフィスの椅子で座ったままでもできるのでぜひやってみてください。

 

肩甲骨周りの筋肉が柔らかくなるとこんなこともできるようになります↓

コレができたら『肩甲骨はがしの達人』ですね(笑)

 

効果的な肩甲骨ストレッチ3つ

次に紹介するのは道具を使った肩甲骨のストレッチ方法を3つ紹介したいと思います。

肩甲骨をゴムチューブでストレッチ

これから紹介するゴムチューブを使った肩甲骨のストレッチは芸能人の渡辺徹さんが12キロ痩せた『楽体(らくだ)』というストレッチ方法の一部です。
『楽体』は渡辺徹さんだけではなく女優の水川あさみさん米倉涼子さんもやっている人気のエクササイズでもあります。

もし興味がある人は、アマゾンで売っているので試してみてください。ゴムチューブとDVDがついてきます。

 

 

肩甲骨をバランスボールでストレッチ

これはボールが転がる原理を利用するので負荷なく肩甲骨をストレッチすることができます。
1日に1分なればできてしまう方法です。

ストレッチボールは持っている家庭も多いかもしれないので、始めやすいかもしれませんね。

ちなみにこれ、凄く気持ちいいです。

 

肩甲骨をストレッチポールを使ってストレッチする方法

このストレッチポールを使った方法は強制的に肩甲骨を閉じる事ができるので力いらずでとても簡単です。

もしストレッチポールがなければ布団を丸めて行ったり、だきまくらをヨガマットなどを巻いて行う方法もあります。

アマゾンだと2000円弱でも買えるので1本合っても良いかもしれません。腰痛の人にもストレッチのために愛用されています。

 

よく読まれている関連記事はこちら

まとめ

残念ながら『褐色脂肪細胞』を刺激することで脂肪を燃やすという魔法のような方法ではありませんでしたが、猫背を改善し姿勢を正しくすることで、体の歪みを治したり、筋肉をほぐして結構を良くすることで体重が落ちたり痩せたりということはおこります。

正しい情報をキャッチして無駄な努力をせずにダイエットに励みましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットハウスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットハウスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ダイエットハウスの大家

ダイエットハウスの大家

ダイエットハウスの中の人。
元オリンピックコーチ。

10年間くらい、アスリート生活をしていました。『痩せやすいけど太りやすい』という体質なので、1年間に5キロ位体重が上下に変動するため、+ー5キロは誤差認識です^_^

現在は色々な人に体重を制限したり、健康的に正しくダイエットする方法を聞かれることがよくあるので、多くの人が読めるように記事にしてみました!少しでも健康なダイエットに貢献できたら嬉しいです♪