1. TOP
  2. 肉ダイエットで痩せる方法。2週間で5キロも?成功するレシピ18つ

肉ダイエットで痩せる方法。2週間で5キロも?成功するレシピ18つ

10月13日(金)に放送される「超問クイズ!真実か?ウソか?秋の新ドラマ人気俳優&人気歌手が○×に挑戦SP」で、「焼肉OK!肉だけ食べるダイエットで2週間で5キロ痩せるか?」というクイズが出されます。

 

あなたは、肉だけ痩せることができると思いますか?

答えは

「痩せることができる。」

です。

 

ただし、本当に肉しか食べない「肉だけダイエット」は、腸内環境が悪化したり、血液をドロドロにして健康を損なう危険性があります。

 

しかも、肉だけダイエットは体臭や口臭もキツくなるので、テレビの企画ならわかるのですが、実際にやろうとすると大変です。

 

なので肉だけでダイエットする方法は、おすすめできるダイエット方法とは言えません。

 

ですので、「ダイエットライフ」では正しいダイエット方法である「野菜も食べる肉ダイエットで健康的に2週間で5キロ痩せる方法」を紹介したいと思います。

 

せっかくですので人体実験のような肉だけダイエットではなくて、正しいダイエット方法をやりましょう。

sponsored link

目次

肉ダイエットで痩せられる理由

肉ダイエット,方法,焼肉,運動なし,レシピ

わたしたち人間は普段、炭水化物や糖質から作られる「ブドウ糖」をエネルギーにして生活しています。

 

そして、この「ブドウ糖」が体の中からなくなると、(8時間、炭水化物をとらないとブドウ糖は体の中からなくなると言われています)、あなたが今までため込んでいた脂肪を「ケトン体」というエネルギーに変えて消費しだします。

 

つまり食事を肉にすることで、脂肪がエネルギーとして消費されるため脂肪を減らしながら痩せることができるのです。

 

さらに、今まであなたの脂肪になっていた炭水化物や糖質がガクッと減るので、ほとんど脂肪がつきません。

 

このように肉ダイエットは「脂肪を減らし、脂肪を蓄えない」ので、とても効率がよく短期間で痩せることができます。

 

ただ、痩せる事ができるとわかっても、たった2週間で5キロ痩せるのは、ちょっと厳しそうと思ってしまうかもしれませんよね。

それでも肉ダイエットなら2週間で5キロ痩せることはできるのです。

その理由について説明します。

 

肉ダイエットなら2週間で5キロ痩せることはできるの?

肉ダイエット,方法,焼肉,運動なし,レシピ

なぜ、肉ダイエットなら2週間で5キロ痩せることができるのかというとしっかりした理由があります。

 

結論から言うと、あなたが2週間生きるのに、およそ5キロの脂肪を必要だからです。

 

これは簡単に計算するとわかります。

 

まず初めに知っておくべきことは、人間の1日の消費カロリーです。

 

1日に生活するために必要なカロリー

1日に消費するカロリーは

基礎代謝=寝ているだけでも消費するカロリー(60%)
生活活動代謝=立ったり歩いたりして消費するカロリー(30%)
食事誘導性基礎代謝=食事を消化するために消費カロリー(10%)

の3つを合わせると計算できます。

代謝が落ちてくる30代で肥満体の女性と男性はこのくらいのカロリーを消費します。

女性(70キロ):1,400キロカロリー

男性(80キロ):1,800キロカロリー

※数値はおおよその数値です。体重が1キロ増えるごとに20キロカロリーを足すとより近い数値がでます。

※計算はハリス・ベネディクト方式(別名:HBE)という方法を利用しています。年齢が異なっても100キロカロリーくらいしか変わりません。

 

基礎代謝は1日の消費カロリーの60%と言われているので100%の値にする(生活活動代謝と食事誘導性基礎代謝の割合をたす)と1日のおおよその消費カロリーが計算できます。

式で計算するとこのようになります。

1400÷6×10=2,333

1800÷6×10=3,000

つまり、

女性(70キロ):2,333キロカロリー

男性(80キロ):3,000キロカロリー

1日にこれだけのカロリーが生きるために必ず消費されるということです。

 

2週間で消費するおおよそおカロリーを計算

「2週間(14日間)で痩せる」ということなので14倍にすると

女性(70キロ):32,602キロカロリー

男性(80キロ):42,000キロカロリー

↑これが2週間で普通に生活していると消費されるカロリー量です。

 

5キロの脂肪を落とすのに必要なカロリー

脂肪1kgを燃焼するには7,200キロカロリーが必要です。

 

5kgなので5倍にすると

7,200×5=36,000

脂肪5キロを消費するには36,000キロカロリーが必要であることがわかります。

 

ちなみに36,000キロカロリーはわかりやすく例えると、丼ぶりご飯89杯分です。

スゴい量ですね。(笑)

それでも肉ダイエットなら、本当にこれだけのカロリーを消費することができるのです。

 

肉ダイエット2週間で5キロ痩せる計算式

さきほど説明した通り、肉ダイエットをすると今まで消費していた炭水化物や糖質の代わりにあなたの脂肪(ケトン体)が活動するためのエネルギーとして使われるようになります。

 

脂肪5キロのカロリーから消費カロリーを引いてあげると

 

女性(70キロ):36,000 – 32,602 = 3,398

男性(80キロ):36,000 – 42,000 = -6,000

と、男性の場合は-6000キロカロリーと脂肪5キロでは足りません。

女性は3,398キロカロリー残るのですが、これを脂肪にするとおよそ500グラム分です。

500グラムの脂肪であれば2週間毎日1キロ歩けば減ってしまうほどの量です。

なので2週間で5キロ痩せるというのは実際に可能なのです。

 

ただし、ここで気になるのが食事としてとるタンパク質と油にもカロリーがあるということです。

特に主食とするタンパク質です。

 

「なぜ、タンパク質を主食にしても太らないのでしょうか?」

それはタンパク質の吸収と代謝について知るとわかります。

 

タンパク質の吸収と消化

代謝ガイドブック」(技術評論社/著・霜田幸雄)という専門書に、タンパク質がどのように吸収されて消化されるのかがわかりやすく説明されています。

本の内容を簡単に説明すると、

タンパク質を多く取りすぎたからといって太る(脂肪になる)ことはありません。

 

なぜかというと、タンパク質はは体内で吸収された分だけ古い細胞と入れ替わって、新しい細胞になるという性質があるからです。

 

つまり100グラムのタンパク質が体の中に入ってくると100グラムのタンパク質が体の中から出ていくのでプラスマイナス0になるということです。

 

さらに、多く取りすぎたタンパク質は尿素となって体の外に出されるようになっています。

 

もし200グラムのタンパク質が入ってきたとしても、体が「100グラムしか要らない」となれば、残りの100グラムは尿素として体の外に出されることになります。

なのでタンパク質を多く取ったからと言って「太ることにはならない」のです。

 

ただし、古い細胞は水分がないので「しわしわ」していて、新しい細胞は水分が多いので「ぷるぷる」になります。

肉ダイエット,方法,焼肉,運動なし,レシピ

↑人間の細胞は古くなると水分を保てなくなるようにできており、若い細胞は水分たっぷり保てるのでハリがありモチモチである。

 

つまり、あなたの体の水分量は多くなるので体重は少し増えます。

 

 

タンパク質を取ると「若返り効果がある」や「アンチエイジングに効果的」と言われる理由も、細胞が若返って体内の水分量が増えたり、筋肉の量が増えたりするからです。

 

肉ダイエットの正しいやり方

肉ダイエット,方法,焼肉,運動なし,レシピ

肉ダイエットのやり方は簡単で、主食を肉にする置き換えるだけです。

肉を食べる目安としては、1日に肉150~400グラム位(ステーキ1.5~4人前)の肉を食べるようにしましょう。

 

ただし、「肉ダイエット」の名の通り、肉だけを食べるのではなくて「野菜」もしっかり食べる必要があります。

 

なぜならば、野菜に含まれるビタミン、ミネラル、酵素、食物繊維が肉のタンパク質を消化・吸収させたり代謝させたりするのに必要だからです。

 

それから肉の他にも豆腐や魚類、乳製品も食べて大丈夫です。

肉ダイエット,方法,焼肉,運動なし,レシピ

肉だけ毎日食べるというのは、いくら肉好きでも大変なことです。

ですので2週間続けることも考えて次のようなバランスを考えたメニューでも

例えば食事メニューを考えるのであれば

朝食:ヨーグルト300グラム
昼食:ステーキ 200グラムとサラダ
夕食:鍋料理1人前

というようなメニューでも大丈夫です。

 

肉ダイエットを成功させる8つのコツ

肉ダイエット,方法,焼肉,運動なし,レシピ
肉ダイエットを成功させるためのコツを一言でまとめるならば「ストイックにやらない」ことです。

そのための8つのコツを紹介します。

1.肉の前に野菜を食べる

肉は消化されにくい食べ物なので、1番最初に食べると胃腸に負担がかかります。

先に野菜を食べることで胃腸も肉を消化するための準備をすることができ、効率的に肉を消化することができます。

肉を先に食べ続けると、食べる時に肉が胃袋の中で重く感じるようになり、続けづらくなってしまいます。

 

2.赤身肉やレバーで脂肪燃焼効果をUP

赤身肉には脂肪燃焼効果を高めるカルニチンが含まれているので、脂肪燃焼効果を高めてくれます。

またレバー(豚、牛、鶏)には脂肪を代謝させるために必須のビタミンB群が豊富にふくまれています。

もし、可能だれば赤身肉やレバーを積極的に取るようにしましょう。

脂肪を燃やすために最低限必要な栄養はこちらの記事で紹介しています。

 

3.たまご・魚・豆製品・乳製品も食べてOK

肉だけ食べていると正直お金がかかって大変です。

それから肉だけ食べていると飽きてしまいますよね。

ですので、同じタンパク質であるたまご、魚、豆製品も食べましょう。

 

4.『糖質0麺』や『しらたき』で代用

「肉と野菜だけでは、満足できない!」

「もっとご飯や麺のような食感が欲しい!」

となるので、その時は「糖質0麺」やしらたきが便利です。

 

5. 実は炭水化物もOK

実は炭水化物を食べても大丈夫です。

炭水化物の量を50グラム以下におさえるとケトン体が増えることがわかっています。

例えば、炭水化物50グラムというとこんな感じです。

  • おにぎり1つ
  • 十割そば1人前
  • パスタ1人前

この程度であれば体は「ケトン体」をエネルギーとして使うので食べても大丈夫です。

ただし、食べるのであれば朝や昼間の活動時間にしましょう。

ちなみにパスタは太りやいと思われがちですが、乾燥する過程で糖質が低くなるのでダイエットにもおすすめな食材です。

パスタダイエットが効果的な理由はこちらの記事で紹介しています。

 

6.肉の脂身は食べてもOK。

肉ダイエットのスゴいところは脂身を食べても大丈夫ということろです。

ただし、赤身肉を食べたほうが脂肪燃焼効果が高くなるので、できるだけ赤身肉を食べることをおすすめします。

 

また魚の脂身(特にイワシ、アジ、サンマ)にはDHAやEPAという内臓脂肪を減らすのに効果的な栄養がふくまれているので積極的にとりましょう。

特に、リノール酸という体に欠かせない栄養が植物油には入っているので取るようにしましょう。

サラダに使うドレッシングもノンオイルを選ぶ必要はありません。

 

7. チートデイを取り入れる

「ケトン体」は、飢餓が続いた時に使われる予備タンクのようなものです。

なので、脳は予備タンクが使われたことを危惧して、体にエネルギーをあまり使わないように命令を出します。

つまり基礎代謝が落ちるので、痩せにくくなります。

 

そこで、1日だけ炭水化物を爆発的に食べて、脳に「栄養が入ってきから代謝をあげてくれ!」と命令を出す必要があります。
そのために効果的なのがチートデイです。

 

8.運動を加えて痩せ体質を作り、リバウンドも防止。

肉ダイエットが終わった後に効果を持続させるのであれば、運動を加えましょう。

タンパク質中心の食事なので、運動をすることで筋肉量が増え安い状態になっています。

 

筋肉量が増えていると基礎代謝が上がるので痩せ体質になります。

また運動を加えることでリバウンドするリスクを減らすことができます。

これは人気プライベートジムのライザップでリバウンドしないと言われているのも適度な運動を加えているからです。

また肉ダイエットをするのであれば、5分でできて、なおかつ脂肪燃焼効果が高いHIITというトレーニング方法を取り入れたいですね。

初心者でもできるHIITのやり方はこちらの記事で紹介しています。

 

肉ダイエットの成功するレシピ18つ

先程の肉ダイエットのコツを踏まえたダイエットレシピを紹介します。

特に炭水化物を食べるのであれば、タイミングは朝か昼のどちらかにしましょう。

紹介した中でバランスのよい組み合わせを朝食、昼食、夕食の中から選ぶようにしてください。

 

【朝食】納豆ご飯と味噌汁

炭水化物を食べるならやはり朝です。

納豆のネバネバが米をコーティングするので糖の吸収をおさえてくれます。

 

【朝食】卵かけご飯と味噌汁

納豆と同様に米が卵でコーティングされるので、糖の吸収をおさえてくれます。

朝の忙しい時間にもぴったりです。

 

【朝食】たまごおじや

もし夕食が鍋であったのあれば、そのスープを使ってたまごおじやを食べるのもいいですね。

野菜や肉の栄養が残っているので、バランスもいいです。

ご飯は半ライスでも水分をしっかり吸うのでボリュームも満点です。

 

【朝食】ヨーグルトとバナナ

モデルの藤田ニコルさん(にこるん)はヨーグルトが大好きで朝食に300グラムも食べると言われています。

少し炭水化物を足すためにバナナを足してもOKです。

 

【朝食】ヨーグルトとグラノーラ

ヨーグルトに少量のグラノーラを加えることで腹持ちが格段によくなります。

グラノーラには炭水化物も含まれていますが食物繊維もたっぷりはいっているので、ヨーグルトとの組み合わせにも最適です。

 

【朝食・昼食】ゆで卵とアボカドとトマトのサラダとトースト1枚

トースト派の人におすすめのレシピです。

トーストはできればマルチグレインのものを選びましょう。

サンドイッチにすれば、お弁当としても持っていけますね。

 

【朝食・昼食・夕食】豆腐とアボカドとトマトのサラダ

食べすぎてしまっている時に、「今日は少しおさえたい」という時におすすめなレシピです。

切るだけで簡単なので朝の忙しい時間でも簡単に作れます。

ドレッシングも醤油とオリーブオイル、ブラックペッパーを

 

 

【昼食】パスタとサラダ

※朝食に炭水化物を摂らなかった時のメニューです。

朝食をヨーグルトだけですごしたなど、炭水化物を取っていない日は、昼にパスタを食べることも可能です。

パスタ1人前を食べることができるのですが、サラダやスープなどを一緒に食べるのが成功のコツです。

 

【昼食】レバニラ定食

※ご飯は半ライスにすること

レバーには脂肪燃焼に必須のビタミンB群が豊富に含まれています。

肉だけではなく、内臓系の料理も食べるようにしましょう。

肉ダイエットのローテーションに加えたいメニューですね。

 

【昼食・夕食】ステーキとサラダ

肉ダイエットでイメージするのがステーキですね。

最近、「いきなりステーキ」などのステーキチェーン店が急増していますね。

900円程度でステーキ1人前をたべることができます。

ランチだと格安のセットでサラダやスープもついてくるところが多いので、ランチを狙いたいですね。

 

【昼食・夕食】牛皿or豚更とサラダと豆腐

吉野家やすき家なら牛皿or豚皿が300円程度で買えるので、肉ダイエットのコスパもいいです。

味が濃いのでサラダと一緒に食べるとちょうどいいです。

温泉卵や豆腐などを載せてアレンジもできるので、飽きにくいです。

仕事の帰りに買えるテイクアウトも便利ですが、オンラインショップで冷凍の牛皿も開けるので便利です。

 

【昼食・夕食】焼肉とサラダ

付き合いが多い人でも焼肉なら問題ありません。

キムチやナムルなどの野菜を先にオーダーして食べることも忘れないように。

ハラミは柔らかいのに脂肪分も少ないので、思いっきり食べてもOKです。

それから赤身の肉はもちろんですが、レバー、ハツ、ミノなどの内臓系の部位はビタミンB群やミネラルが豊富なので特におすすめです。

 

【昼食・夕食】豆腐のマグロとアボカド丼

ぶつ切りのマグロを買ってきてダイス状に切ったアボカドを混ぜるだけと簡単です。

ご飯の代わりに、潰した豆腐の上に盛り付けましょう。

ボリュームもたっぷりで楽しめます。

 

【昼食・夕食】海鮮サラダ

刺身の盛り合わせを買ってきてぶつ切りにしてカットしたレタスや水菜などの野菜と混ぜるだけ。

ドレッシングはわさび醤油やオリーブオイル&醤油でも美味しいです。

 

【昼食・夕食】焼き魚(蒸し魚)と大根おろし

定食屋で注文するのであれば、ご飯の代わりに、豆腐や大根おろしを大盛りにできるか聞いてみましょう。

 

またシリコンスチーマーを使えば、家でも美味しい蒸し魚が簡単に作ることができます。

1食300円くらいでお腹いっぱいになるので満腹にすることができます。

 

【夕食】焼き鳥と焼き野菜

焼き鳥屋では色々な肉料理や焼き野菜が食べられるのでとても便利です。

ねぎまなどの組み合わせもいいですが、おすすめはレバーや砂肝、などの内臓系。

内臓系の食べ物にはビタミン、ミネラルが豊富に含まれているので積極的に食べましょう。

椎茸やねぎ、ししとうなどの野菜などを最初にオーダーするのがコツです。

 

【夕食】肉鍋

鶏肉、豚肉、牛肉、ホルモン、海鮮とタンパク源も選べるし、スープも、水炊き、味噌、醤油、カレー、キムチ、トマトと選べるので肉ダイエットに鍋料理はかかせません。

しかも安いし、野菜もカットして保存できるので料理も簡単です。

 

【夕食】湯豆腐・冷奴

冬なら湯豆腐、夏なら冷奴と選べるので便利です。

豆腐も一丁50円〜300円の高級豆腐もあるので、この機会にいろいろ試して食べてみるのもいいですね。

高級豆腐は「豆腐ってこんなに味が濃いの?」と思わずビックリしてしまうほどで豆腐料理にはまってしまうかもしれません。

 

肉ダイエットの注意点3つ

肉ダイエット,方法,焼肉,運動なし,レシピ

肉ダイエットで失敗しないためには3つの注意点を知っておく必要があります。

1. 肉だけではなく野菜も食べる

重要なので何度もお伝えしますが、肉ダイエットは本当に肉だけを食べるわけではありません。

肉に合わせて野菜も一緒に取る必要があります。

肉ダイエットのコツでもお伝えしたように、必ず肉を食べる前に野菜を食べるようにしましょう。

 

また、野菜を食べないことで、消化不良を起こした肉が腸内で腐り、体臭や口臭が臭くなったりします。

野菜は肉ダイエットの成功のカギなので必ず食べましょう。

 

2.体臭対策をしっかりする

実はケトン体には甘酸っぱい特殊な臭いがあります。

しかも揮発性が高いので、呼吸と一緒にでてきたり、毛穴から出てきてしまうと言われています。

 

ケトン臭が原因で肉ダイエットを続けたくないという人もいるので、あらかじめしっかり体臭対策をすることをおすすめします。

体臭対策には香水やガムなど色々ありますが、根本的に解決するには体の中から対策した方がいいです。

からだきれい」という体臭対策サプリメントは「ドブのような臭いが改善された」と口コミがあるほど強い効果があるサプリメントです。

▶からだきれいの詳細はこちら

 

3. 無理だと思ったらすぐに止める

肉ダイエットをして「体が軽くなった」、「健康的になった」という人がいる一方で、まれに肉ダイエットが合わない人もいます。

体に不調を感じたり、「もう肉は食べたくない」と感じたのであれば肉ダイエットはすぐに止めましょう。

 

肉ダイエットで痩せられないケース2つ

肉ダイエット,方法,焼肉,運動なし,レシピ

肉ダイエットは短期間で痩せるためにも効果的なダイエット方法ですが、なかには「なかなか痩せない」、「効果がない」という人もいます。

その場合、次の2つのケースが考えられるので、1度チェックしてみてください。

1. やり方が間違っているから

単純に肉ダイエットのやり方が間違っていれば効果がなかったり、逆に体調を壊してしま原因にもなります。

特に見直したいのは以下の4つです。

脂質の高い肉ばかりを食べている
・野菜やくだものを食べていない
・ビール、酒など糖質の高いアルコールを飲んでいる
・気が付かないうちにお菓子を食べている

「健康的な生活」を意識すればわかりますが、霜降り肉や脂身たっぷりのホルモンばかりを食べるのはよくないのはわかりますよね。

 

またテレビでも「焼肉OK」となっていましたがビールや日本酒などの糖分が高いアルコールを飲んていいわけではありません。

2週間だけなので「休肝日」にしましょう。(肝臓の働きをよくさせることで内臓脂肪を効果的に減らすことができます。)

また、わかっている人には耳の痛い話ですが、食べ癖がある人は、気がつかないうちに食べているという人も多くいます。

余分な食べ物が口にしないようにガムなどを噛んでいると効果的に避けることもできます。

 

2. もともと脂肪が極端に少ない

肉ダイエットで痩せられない人は、余分な「脂肪がない人」です。

痩せたいと思っていても落とす脂肪がなければ痩せることができません。

 

ただし肉ダイエットを2週間することで体質が改善されてハリのある肌になったりもするので美容目的で試してみるのもありです。

 

もし、あなたが「ポッコリお腹」で悩んでいるのであれば、脂肪が問題ではなく「宿便」がたまっていることが原因かもしれません。

宿便は多い人で5kgもたまっていると言われているので、一度チェックした方がいいかもしれません。

宿便の解決はこちらの記事がおすすめです。

 

肉ダイエットの危険性

最後に肉ダイエットの危険性についても紹介します。

薄毛やハゲの治療を行うAGAの専門医によると、最近、糖質制限ダイエット(肉ダイエットを含む)をしている人が「毛が極端に薄くなった」という悩みで来院することが急激に増えてきているそうです。

特に3ヶ月以上の糖質制限をしている人は致命的で「糖質制限ダイエット」を止めたからと言って、薄毛が治るということもないそうです。

 

ただし、適度な糖質制限ダイエットは髪の毛が増えた、ツヤが戻ったという事例もあるので、極度の糖質制限ダイエットにさえ気をつけれ入れば大丈夫と言えるでしょう。

糖質制限の危険性についてはこちらの記事で詳しくお伝えしています。

 

人気の関連記事はこちら

 

肉ダイエット【まとめ】

肉ダイエットは短期間集中ダイエットとして効果的なダイエット方法です。

しっかり正しい方法でやれば、健康的にダイエットすることができます。

ただし、期限は1ヶ月として肉ダイエットの危険リスクをしっかり回避することが重要です。

アンチエイジング効果もあり、短期間でできるので、まずは2週間だけ試してみるというのもありですね。

 



>>あなたのダイエットを加速させるなら<<




\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ダイエットライフ編集部

ダイエットライフ編集部

ダイエットハウスの中の人。
元オリンピックコーチ。

10年間くらい、アスリート生活をしていました。『痩せやすいけど太りやすい』という体質なので、1年間に5キロ位体重が上下に変動するため、+ー5キロは誤差認識です^_^

現在は色々な人に体重を制限したり、健康的に正しくダイエットする方法を聞かれることがよくあるので、多くの人が読めるように記事にしてみました!少しでも健康なダイエットに貢献できたら嬉しいです♪

この人が書いた記事  記事一覧

  • 冬の最新防寒対策グッズランキング【男女兼用】室内も屋外も快適すぎる【保存版】

  • 太らない冬のダイエット方法9つ【食事・運動・生活習慣】春・夏に

  • カニダイエットでおいしく痩せる!秋・冬におすすめなダイエット方法

  • 肉ダイエットで痩せる方法。2週間で5キロも?成功するレシピ18つ