2週間で体重を5kg減量!ケトジェニックダイエットの正しいやり方で効果を実感! | ダイエットハウス
  1. TOP
  2. 2週間で体重を5kg減量!ケトジェニックダイエットの正しいやり方で効果を実感!

2週間で体重を5kg減量!ケトジェニックダイエットの正しいやり方で効果を実感!

 2016/03/12 筋トレで痩せる
この記事は約 8 分で読めます。 2,731 Views

あなたは2週間だけ、ラーメンやスパゲッティー、それからご飯にうどんなどの炭水化物を一切食べずに生活することができますか?

そして、お肉は大好きですか?1日400gのお肉を毎日食べ続けることができるのであれば、きっとケトジェニックダイエットであなたはダイエットできるでしょう♪

 

sponsored link


ケトジェニックダイエットとは?

痩せる食べ物,食べて痩せる,食事で痩せる,食事,痩せる

簡単に言うと、糖質制限をしながら、タンパク質をたくさん食べて脂肪を無くそう!というダイエットです^^

激しい運動をしたり、極度に何も食べないと、体の中の炭水化物がなくなり、体の中の脂肪を燃焼しだすというのが理論です。

正しく行えばもちろん結果が出ますが、間違った方法でケトジェニックダイエットをすると、努力が全て水の泡になることもあるので注意しましょう。。。笑

 

ケトジェニックダイエットの正しいやり方を5つのポイントに分けて説明

ケトジェニックダイエット,正しいやり方,効果,食材,停滞期

ということでケトジェニックダイエットを行う上での正しい知識・やり方を紹介したいと思います。

ケトジェニックダイエットでは体内の脂肪を燃焼させるため、5つのポイントをしっかり抑える必要があります。

 

ケトジェニックダイエットの継続期間は2週間

ケトジェニックダイエット,正しいやり方,効果,食材,停滞期

糖質制限をしている間は、基本的に正常ではありません。なぜならば、5大栄養素の1つである炭水化物を一切取らないのだから!

 

2週間程度、最長でも1ヶ月であれば問題ないのですが、もし1ヶ月以上続ける必要があるのであれば、しっかりメディカルチェックを受けましょうね^^

 

というか、1ヶ月糖質制限をしても結果が出なかったら、きっとケトジェニックダイエットはあなたにとって合っていないダイエットと捉えたほうがいいかもしれませんね^^;

 

ケトジェニックダイエットで食べて食品

ケトジェニックダイエット,正しいやり方,効果,食材,停滞期

基本的に炭水化物を除けば何でも食べて大丈夫です。

食べてもいいもの

  • 肉 (脂身もOK!)
  • 野菜
  • きのこ類
  • お酒 (焼酎やウィスキー、ウォッカなどの蒸留酒)

 

と、ほとんどのものを食べても大丈夫!肉もサーロインステーキや霜降り肉など、脂のたっぷり乗った美味しいお肉をたくさん食べても大丈夫なんです♪

 

体重1kgにつき肉7gの肉を食うべし

ケトジェニックダイエット,正しいやり方,効果,食材,停滞期

ケトジェニックダイエットの特徴は糖質制限をすると同時に、肉(タンパク質)を大量に食べること。

 

どのくらいタンパク質を取る必要があるのかというと体重1kgに対して7g。

 

肉の場合は7gあたりに1グラムのタンパク質が含まれているので、7gとって1g分が摂取できるという考え方です。。7gと聞くと少なそうに聞こえますが、実際に体重に適応してみると。。。

 

45kgなら 315g

50kgなら 350g

55kgなら385g

60kgなら420g

65kgなら455g

70kgなら499g

75kgなら525g

80kgなら560g

85kgなら595g

90kgなら630g

95kgなら665g

100kgなら700g

と行った具合です。

ちなみに豆腐の場合はこの3倍の量を取る必要があります。

500gの肉って結構なボリュームですよね。

これを毎日2週間食べるのだからケトジェニックダイエットもけっこう大変なダイエットだということがわかりますね。

食べられないダイエットもきついですが、食べないと行けないダイエットも結構辛いはず、笑

 

取るべきミネラルとビタミンと必須脂肪酸

ケトジェニックダイエット,正しいやり方,効果,食材,停滞期

もちろん、肉だけ食べていればいいという話ではないですよ^^

しっかり野菜と脂を取ることも重要です。具体的に言うと

  • 野菜 500g(じゃがいもやサツマイモなどは除く)
  • カリウム 4g
  • カルシウム700mg
  • マグネシウム400mg
  • 必須脂肪酸2g(ココナッツオイル・えごま油等)

 

など、こんなこんな感じです。野菜500グラムってこれも相当な量ですよね。これだけ食べても痩せられるのであれば一回はやる価値あるかと思います。

 

ケトジェニックダイエットでは炭水化物・糖質は厳禁!?

ケトジェニックダイエット,正しいやり方,効果,食材,停滞期

結論から言うと、ご飯やラーメン、パスタなどの炭水化物を代表する食べ物、そして、ケーキやチョコレートなど砂糖の入った甘いスイーツやお菓子、それからリンゴやみかんなどのフルーツも食べてはいけません(*´ω`*)

一口でも炭水化物・糖質を食べてしまったら、その瞬間に体内に蓄積された脂肪の燃焼をストップさせせてしまうから。

 

しかし!

 

個人的なアドバイスをするとすれば、炭水化物を取ることも体のためには重要なのでとっても構わないと思います。(ケトジェニックダイエットとは異なってしまいますが。。。)

 

なぜならば、炭水化物は5大栄養素の1つ。分解されてできたブドウ糖などは脳が働くために重要です。

 

それから、あなたは炭水化物を食べずに生活することが本当に可能だと思いますか??笑

 

無理して続けるダイエットは100%継続できません。

 

糖質制限をするにしても、まずは炭水化物をいつもの半分くらいに減らす程度で我慢しておきましょう。

 

そのうち自然と、「あれ、前よりも食べる必要がなくなってる!」とビックリ驚く日が来ることでしょう。

 

炭水化物を食べる代わりに運動

ケトジェニックダイエット,正しいやり方,効果,食材,停滞期

炭水化物・糖類の摂取量を半分にした時点で体重が減るというのは、もう当たり前のセオリーといってもいいでしょう。

 

ただ、その代わりに運動を少しするとより効果的にダイエットできます。効果的にはもちろんですが、健康的にダイエットできると言ってもいいかもしれません。

 

例えば、全身運動のジョギングやランニングができればベストですが。。。

 

この下のような動画の簡単な運動でもいいでしょう。

この動きのポイントは

  • 首・顔を動かさない
  • 視線を動かさない
  • 手の振りは自然に任せる
  • 1分だけ

女性の方はくびれ美人に。男性の方も下っ腹が凹みますよ〜。1周間で下っ腹が-5cmになることも簡単です。

 

ケトジェニックダイエットのメリット

ケトジェニックダイエット,正しいやり方,効果,食材,停滞期

ケトジェニックダイエットのメリットは太りにくい体質を作ることができることでしょう。

 

タンパク質をたくさん取るので、体の中の筋肉量が増えます。

 

筋肉は動かすだけでカロリーを消費してくれるので、今まで以上に太りにくい体質になることができるのです!

 

もし、毎日多くの肉を食べるのが辛い!という人がいれば、代わりにプロテインをとってもいいでしょう。コスパ的にもお得です^^

 

ケトジェニックダイエットのデメリット

ケトジェニックダイエット,正しいやり方,効果,食材,停滞期

それは、決まってますよね。一切の炭水化物が食べられなくなることです。僕は炭水化物が大好きなので、このケトジェニックダイエットは絶対にできません。

 

いや、むしろ選んでやりません!笑

 

ただ、炭水化物を減らすとそれだけで健康体になるので、ダイエットを少しでも効率的にしたいと思っているのであれば、炭水化物を半分の量にしてみてください。

 

何度も言いますが、無理なダイエットは絶対にリバウンドしますからね。

おすすめ記事finger-red成功例を極めろ!ストレスフリーダイエットで無理せず確実に痩せる8つの極意

むしろ、少し炭水化物をとって負担を軽くしたほうが、継続できるでしょう。

 

炭水化物を減らした分はスープや水で満たしてあげれば、胃の中で炭水化物が膨らむので満腹度も変わりません^^

 

それでも我慢できなければ、カロリーカット系のサプリにも手伝ってもらいましょう。

カロリーカット系のサプリを飲めば、食べたもののカロリーを体が吸収しにくくしてくらます。

 

ただ、いくらカロリーカット系のサプリを飲んでいるからといって、 暴飲暴食していいというわけではありません。

>>人気な理由がわかるカロリーカット系サプリ3つ


よく読まれている関連記事はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットハウスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットハウスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ダイエットハウスの大家

ダイエットハウスの大家

ダイエットハウスの中の人。
元オリンピックコーチ。

10年間くらい、アスリート生活をしていました。『痩せやすいけど太りやすい』という体質なので、1年間に5キロ位体重が上下に変動するため、+ー5キロは誤差認識です^_^

現在は色々な人に体重を制限したり、健康的に正しくダイエットする方法を聞かれることがよくあるので、多くの人が読めるように記事にしてみました!少しでも健康なダイエットに貢献できたら嬉しいです♪