1. TOP
  2. 代謝を上げて寒さに負けない方法7つ【食事・食べ物・運動・室内・屋外】

代謝を上げて寒さに負けない方法7つ【食事・食べ物・運動・室内・屋外】

「体の中からポッカポカで寒くない!」

となるくらい基礎代謝をあげることができれば、どんな快適な冬になるでしょう。

コタツから出るのがめんどくさいどころか、コタツに入っていると「熱い!」となるような代謝をあげる方法7つ紹介したいと思います。

今年の冬はホッカホカの冬を過ごしましょう。

 

sponsored link

そもそも知っておきたい『冬に基礎代謝が上がる』と言われている理由

冬に基礎代謝が上がる理由

冬に代謝があがるというのは『極端な寒さから体を守るため』です。

人気番組『所さんの目がテン!』で水温6℃のプールに30分入った結果、体温が上がった』という実験結果が出たからです。

ただし、水温6℃のプールに裸で30分間入っていないといけないというのは、毎日できることではありません。

風邪を引いてしまう原因にもなりますね。

ですので、科学では実証できていても、実際に私生活で冬に代謝をあげるというのは、とても難しいことなのです。

 

逆に体温を1度あげると基礎代謝は約13%上昇することが分かっています。

ですので、そんなドMなダイエットをして体を壊すよりも、冬は体温を上げたり寒さ対策をして基礎代謝を上げたりした方が現実的なのです。

 

【簡単】ヒートスリム42℃を使って基礎代謝を上げる

一番先に紹介するのが一番手っ取りはやい『ヒートスリム42℃』という体の中からポカポカにしてくれるパッチです。

ヒートスリム42℃とホッカイロとの違いも簡単に説明しておきます。

ヒートスリム42℃

  • 体に直接貼りつける
  • 体のなかから温めてくれる
  • 最高10時間持続
  • 低温やけどの心配なし
  • 目立たたない
  • 男女兼用
  • 1枚500円
  • 敏感肌はシートがヒリヒリする可能性も

 

ホッカイロ(貼るタイプ)

  • 下着の上に貼り付ける
  • 体の外の1部を温めてくれる
  • 最高14時間持続
  • 男女兼用
  • 1枚30円程度
  • 低温やけどの心配あり
  • 汗を吸うと発熱し異常な高温になる

ホッカイロも良い点があるんですが、ヒートスリム42℃は、体の中からポカポカになるので、かなり快適になります。

この快適さを感じてみると、もうホッカイロには戻れません。

>>ヒートスリム42の公式サイトはこちら
(売れきれている可能性があるので在庫があるか確認してください。)

 

【食事】朝に炭水化物/糖質とビタミンをとって基礎代謝を上げる

炭水化物や糖質は、体が最もエネルギーにしやすい栄養です。

朝は体温が下がっているので、体温をあげるためにも炭水化物や糖質を取るようにしましょう。

また体を活性化させるビタミンや酵素も一緒に取りたいですね。

 

【食事】香辛料を使って基礎代謝を上げる

唐辛子に含まれる『カプサイシン』やコショウに含まれる『ピペリン』、ショウガに含まれる『ガラノクトン』『ジンゲロール』には、血流をよくして体を温めてくれる効果があります。

寒い季節だからこそ香辛料を取るようにしましょう。

比較的簡単にとれる香辛料はこちらです。

  • 一味とうがらし
  • 七味とうがらし
  • 和がらし
  • しょうが
  • にんにく
  • コショウ
  • ニラ
  • ネギ
  • ゆず
  • さんしょう
  • 玉ねぎ
  • カレー粉
  • ガラムマサラ

などです。

100円均一なのでも携帯用のサイズが手に入るので、持ち歩くこともできます。

 

【食事】肉料理を食べて基礎代謝を上げる

肉の素であうタンパク質は消化する時に炭水化物よりも3〜6倍ものエネルギーを消費します。

つまり肉を食べれば食べるほど、カロリーを消費しやすくなるということです。

肉をたくさん食べた後に体の中が熱くなったという経験をしたことがある人もいるでしょうカード

この時に発せられる熱が『食事誘発性熱産生』と呼ばれるものです。

タンパク質の食事誘発性熱産生:30%
炭水化物の食事誘発性熱産生:5~10%
脂質の食事誘発性熱産生:5%

寒い冬は肉料理を食べて、体の中からあたたまりましょう。

肉が苦手な人は魚やたまご、大豆食品を取るようにしましょう。

それから、実は肉は脂身を食べなければ、いくら食べても太りません(脂肪にはなりません。)

その理由はこちらの記事でも紹介しています。

 

【食事】よく噛かんで基礎代謝を上げる

食事誘発性熱産生を高めるには、食事中に浴感で食べることも効果的です。

噛むことで副交感神経系が刺激されて消費カロリーをあげることができます。

痩せる食べ方はこちらの記事でも紹介しています。

 

【運動】筋トレで基礎代謝を上げる

運動をすると体が温まるのは、筋肉がエネルギーを消費して発熱するからです。

筋トレをして筋肉量を増やすことで、エネルギー消費量があるので基礎代謝もあがります。

特に太ももは体で一番太い筋肉なので、効果も出やすいです。

スクワットや踏み台昇降運動をして基礎代謝を高めましょう。

筋トレの参考記事はこちら

 

また上半身は肩甲骨まわりの筋肉を解してあげることで基礎代謝を高めることができます。

 

上半身の基礎代謝を高める方法はこちら

 

【私生活】風呂で体温を1度あげる

41℃のお湯に肩までしっかり10分間つかると、体の深部の体温が1度あがり、基礎代謝は約13%あがると言われています。

さらに効果を高めるには10分起きに、首、手足、足首に冷水をかけて冷すと効果的と言われています。

寒い季節だからこそ、お風呂にしっかり入って体を温めましょう。

ちなみに、この入浴法をすると入浴後も体温をしばらく保ったままなので、基本代謝がUPした状態を保つことができます。

詳しい入浴方法や効果はこちらの記事で紹介しています。

 

 

【私生活】防寒対策をして基礎代謝を上げる

最初に紹介したヒートスリム42℃もそうですが、防寒対策はとても重要です。

やれば根本的に寒さから開放されるからです。

例えば最新の暖房機材を使えば3,000円/月の光熱費をプラスするだけで24時間室内を暖房管理することができます。

部屋中が温かければ『コタツに入ったまま動かない』ということもなくなります。

 

運動も暖房の聞いた部屋でなら、寒い外に比べれば汗をかきやすい環境でやることができます。

「極寒の外に出る」という恐怖や「雪の中で運動する」という危険をも回避できるので外の天候に左右されることもありません。

防寒対策は基礎代謝をあげるための基本なので、これさえすれば効果的に基礎代謝を高めることができます。

防寒対策する方法はこちらの記事でも詳しく紹介しています。

 

代謝を上げて寒さに負けない方法5つ【まとめ】

冬の寒さに負けない体をポッカポカにして代謝をあげる方法を紹介しましたが、いかがでしたか?

食事、運動も大切ですが、基本的な防寒対策をすることで、まずは体の冷えから守り、活動しやすい環境を作ることができます。

特にヒートスリム42℃なら冬なのに体の中からポカポカになれるし、お腹に直貼するタイプなので部屋にいても外にいても関係ありません。

売り切れるほどの人気商品なので、試せるうちに試してみてください。

>>ヒートスリム42℃の詳細はこちら

 

冬に人気の記事



>>あなたのダイエットを加速させるなら<<




\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ダイエットライフ編集部

ダイエットライフ編集部

ダイエットハウスの中の人。
元オリンピックコーチ。

10年間くらい、アスリート生活をしていました。『痩せやすいけど太りやすい』という体質なので、1年間に5キロ位体重が上下に変動するため、+ー5キロは誤差認識です^_^

現在は色々な人に体重を制限したり、健康的に正しくダイエットする方法を聞かれることがよくあるので、多くの人が読めるように記事にしてみました!少しでも健康なダイエットに貢献できたら嬉しいです♪

この人が書いた記事  記事一覧

  • 人工甘味料が血糖値を上げないは嘘?カロリーゼロで太る、糖尿病になる危険性も【一覧表】

  • 和食ダイエットの効果的な方法とは?日本食が健康的に痩せられる9つの理由

  • ボニックバンテージの効果は圧着ソックス超え!?口コミで評判な5つの理由

  • デブ菌とは?デブ菌を減らす食事の組み合わせ・サプリメント・運動方法

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

  • やしろ優が21キロ痩せたブログで話題のダイエット方法47とは?痩せた20の理由を徹底分析。

  • 年末太りを予防する8つのコツ。太った後に解消するより簡単な方法とは?

  • モデル体型になるには?20代人気モデルが体型維持の為にしている方法とは

  • 根本的に解消!顔痩せできるトレーニング方法 厳選4選!男も女も表情筋リフトアップでモテ顔に

  • 朝の腰痛が軽くなる!腰痛にいい敷布団・マットレスの選び方6つ

  • 室内ダイエットなら HIITトレーニング!有酸素運動の10倍効果的に脂肪を落とすメニュー4つ【やり方解説】