【無料】あなたのダイエットが成功するまでサポートします。

あなたは11月2日に放送された日本テレビ系の『得する人損する人』で紹介された【帳消しダイエット】を知っていますか?

 

番組では声優の金子朋子さんが、この帳消しダイエットに挑戦して3週間で体重が3.8kg減って、ウエストも12.4cm痩せ。

お笑い芸人のガンバレルーヤよしこさんは体重が5.3kg減ってウエストは9cm痩せ

というダイエット結果になっていてビックリしました。

 

でも、本当にテレビで伝えたられたまま帳消しダイエットをしてそこまで効果が出るのでしょうか?

正直、『この食材とこの食材の組み合わせで帳消しになるの?』

と驚くべきメニューも多いです。

ですので、うっかり全てを鵜呑みにして失敗してしまう場合もあるでしょう。

そこで今回は、帳消しダイエットのメニュー一覧と、その注意点についても一緒に紹介したいと思います。

帳消しダイエットとは?

帳消しダイエットとは、簡単にいうと『ある食材を一緒に食べることによって、栄養バランスを整えて代謝を上げるダイエット方法』です。

 

この帳消しダイエットの提唱者は伊達友美(ゆみ)さんという栄養管理士でありカウンセラーです。

 

本も出しており、有名な著書だと「夜中にラーメンを食べても太らない技術」や「食べてキレイに痩せる!」、「食べ合わせでキレイに痩せる!」などがあります。

 

帳消しダイエットと聞くと、『食べ過ぎや間食でとったカロリーをなかったことにしてくれる』とイメージしてしまう人も多いのではないでしょうか?

 

残念ですが、帳消しダイエットはそういったカロリーを帳消しにしてくれるダイエット方法ではありません。

 

帳消しダイエットの注意点

『得する人 損する人』で紹介されていた帳消しダイエットのメニューは、納得のいくものもあれば、疑問を持つメニューがあるのも確かです。

 

例えば『ラーメン+チャーシュー+バナナ』という組み合わせのメニュー。

明らかに炭水化物が多くなり、野菜も不足しています。

 

テレビ通りにやったから健康になる、ダイエットができるというものでもないと思います。

 

それぞれのメニューに紹介されている効果に加えて注意点もしっかりお伝えします。

 

帳消しダイエットで痩せる人・太る人

口コミを調べてみると帳消しダイエットをやっても痩せる人と太る人がいます。

その違いを分析すると、あることがわかりました。

帳消しダイエットで痩せる人

帳消しダイエットをやって痩せる人には、摂食障害だったり、無理なダイエットを繰り返しては失敗し代謝が落ちてきてしまった人に効果的かと思います。

特に腸内環境が乱れていたり、体内にたまった老廃物や脂肪を代謝させるためにビタミン、ミネラル、酵素、食物繊維、糖質などが不足しがちになっていたりする人は帳消しダイエットで成功している人が多く見られます。

 

帳消しダイエットで太る人

ダイエットの本質が消費カロリー>摂取カロリーということがわかっている人には言うまでもありませんが、カロリーの上にカロリーを重ねれば太ってしまいます。

 

ですので、今までダイエットの失敗を繰り返していなかったり摂食障害などがなければ、もっとダイエット理論にあったダイエットをするべきでしょう。

 

例えば以下の食事方法などです。

以下の食事方法はしっかり3食たべながらも痩せることができます。

帳消しダイエット6つのメニュー【一覧】

帳消しダイエットとして紹介された6つのメニューは以下のとおりです。

  1. ハンバーグ+お大根おろし
  2. お好み焼き+グレープフルーツジュース
  3. 焼肉+ブラックコーヒー
  4. ホットドック+プルーン
  5. パスタ+リンゴジュース
  6. ラーメン+チャーシュー+バナナ

このメニュー一覧をみて、ビックリする人も多いのではないでしょうか?

ただ、ダイエットとして、毎日いずれかのメニューを食べるというのは大変だし、正直、あまり効果が見込めないメニューもあります。

ですので、おすすめ順にランキング一覧を作ってみました。

注意点と一緒に確認ください。

1.ハンバーグ+お大根おろし

ハンバーグに含まれる脂肪分を大根狼煙に含まれる酵素、食物繊維やミネラル、ビタミンで脂質の吸収をおさえてくれるメニューです。

ハンバーグ+大根おろしが効果的な理由

ハンバーグに使われるひき肉には、脂身が多く含まれているので大根おろしは理想な組み合わせと言えます。

大根おろしに含まれるタンパク質分解酵素の『プロテアーゼ』や脂肪分解酵素の『リパーゼ』が含まれているからです。

 

しかも大根おろしは1人前(60g)でも炭水化物量は2.4グラムなのでたくさん食べても大丈夫な食材です。

肉の消化をよくする働きもあるので、積極的にたくさん食べたいですね。

 

2. お好み焼き+グレープフルーツジュース

お好み焼きは炭水化物がメインの料理なのでグレープフルーツジュースでビタミンやミネラルを取って栄養バランスを整えるという組み合わせです。

さらにグレープフルーツには『イノシトール』という糖の吸収をおさえてくれる成分があるのでお好み焼きとの相性も良いとのことです。

お好み焼きグレープフルーツジュースの注意点

グレープフルーツにはビタミンやミネラルが豊富に含まれていてるのは本当ですが、炭水化物や糖質も多く含まれている(100mlで40g)のも確かです。

ですので適量はコップ一杯にして起きましょう。

グレープフルーツジュースを500ml飲むと1食分の糖分を取ることになるので注意が必要です。

 

飲み合わせが悪い薬があるので注意

グレープフルーツジュースには一部の薬との飲み合わせが悪いことが確認されています。

ですので、以下のような薬を飲んでいる場合は、医師に相談する必要があります。

  • カルブロック
  • アテレック
  • アダラート
  • ワソラン
  • ハルシオン
  • ネオーラル
  • サンディミュン
  • プログラフ
  • リポトール
  • ヒポバス

参照元:くすりの窓口

 

3. 焼肉+ブラックコーヒー

ブラックコーヒーに含まれる「メラノイジン」が脂肪の吸収を抑えてくれるので、脂っこい食べ物である焼肉とも相性がいいと言われています。

 

焼肉+ブラックコーヒーの注意点

ブラックコーヒーから取れる「メラノイジン」に加え「カフェイン」や「クロロゲン酸」などの脂肪燃焼効果もつけ加えたいですね。

ただし、「メラノイジン」がいくら太りにくくしてくれるからと行って、極端に脂身などを食べていれば効果を感じないこともあるでしょう。

コーヒーも1日3杯までは健康と言われていますが飲み過ぎはカフェインのとり過ぎになるので注意しましょう。

 

4. ホットドック+プルーン

ホットドックは炭水化物と炭水化物が主な栄養になります。

ですので食物繊維とアントシアニンが豊富なプルーンを一緒に食べると脂質の吸収をさえてくれます。

 

ホットドック+プルーンの注意点

プルーンには食物繊維や鉄分などのミネラルやビタミンがバランスよく含まれている理想的な食べ物です。

しかし、プルーンの栄養の50%は炭水化物(糖質)でできていることも知っておかないといけません。

プルーンは脂質をおさえる働きがあるとしてもそれ以上に糖質をとってしまえば太るのも当たり前です。

ですのでプルーンを食べる時は2、3粒程度におさえて起きましょう。

10粒でおにぎり1つ分の炭水化物量となります。

 

5. パスタ+リンゴジュース

炭水化物が豊富なパスタにリンゴジュースを加えることでリンゴに含まれる『アップルペクチン』(水溶性食物繊維)が糖の吸収をおさえたり『オスモチン』というファイトケミカルが脂肪燃焼に効果的だとテレビでは説明されていました。

 

パスタ+リンゴジュースは帳消し効果なし?

パスタ+リンゴジュースの組み合わせはダイエットに効果がないと言えるでしょう。

理由は2つあります。

『アップルペクチン』はリンゴ(果実)には含まれているもののリンゴジュースには微量しか含まれていないこことが調査から分かっています。

アップルペクチンが微量なので糖の吸収もないようなものです。

また『オスモチン』はリンゴ以外にもパスタと相性のいいトマトやピーマンにも含まれています。

加工されて作られたリンゴジュースを飲むよりも、果実のトマトからの方が食物繊維やビタミンやミネラルも豊富にとれるし、余分な糖分をおさえることができます。

トマトのダイエット効果はこちらの記事で紹介しています。

6. ラーメン+チャーシュー+バナナ

炭水化物がメインのラーメンにタンパク質のチャーシューを加えることで栄養を整え、取りすぎた塩分はバナナに含まれるカリウムでデトックスするという組み合わせです。

バナナ1本でラーメン1杯分の塩分がデトックスできるとテレビでは紹介されていました。

 

ラーメン+チャーシュー+バナナは帳消しダイエットの効果なし?

バナナ1本でラーメンの塩分をデトックスできることに注目が行き過ぎていて、炭水化物のラーメンに炭水化物のバナナを追加するので炭水化物の摂取量が多くなってしまいます。

特にバナナの炭水化物はショ糖と呼ばれる栄養の吸収がフルーツであり、カロリーも比較的高い部類になります。

 

確かに塩分はデトックスできるかもしれませんが、ラーメンの後にバナナを食べて痩せようとしても、逆に太ってしまう可能性もあるので注意してください。

 

塩分をデトックスするなら、ラーメンにあうノリなどの食材もおすすめです。

また入浴方法で体にたまった塩分をデトックスする方法もあります。

余計なカロリーや糖質を取る必要があるのでダイエット効果も高いかもしれません。

>>ラーメンバナナより確実に塩分をデトックスする方法(入浴法)はこちら

 

金田朋子・ガンバレルーヤよしこが3週間で痩せられた理由

『帳消しダイエット』を全て否定するわけではないですが、3週間で大幅に痩せられたのは、『適切な食事制限と運動』が加えられていたからというのは事実だと思います。

テレビでは『無理な食事制限はしていない』というものの、カロリーの摂取量や脂肪を燃焼させたり、代謝をよくする為に運動が加えられていたはずです。

特にガンバレルーヤのよしこさんの場合、内臓脂肪の面積が4割も減っていて皮下脂肪も3割減っていたという結果は、食事制限と運動をした証拠と言ってもよいでしょう。

でなければ紹介されていた

  • ハンバーグ+お大根おろし
  • お好み焼き+グレープフルーツジュース
  • 焼肉+ブラックコーヒー
  • ホットドック+プルーン
  • パスタ+リンゴジュース
  • ラーメン+チャーシュー+バナナ

から選んで食事を1日3食取っていたのであれば、短期間で痩せることはできなかったと思います。

またメニューの中でも

お好み焼きやパスタ、ラーメン、ホットドックは朝や昼に食べて、ハンバーグや焼肉は夜に食べたりと、食べ方も工夫していたはずです。

帳消しダイエットをやっても効果が出ないという場合は、あなたの食生活と運動習慣も一緒に見直してみてください。

 

帳消しダイエットと一緒に知っておきたい情報

 

帳消しダイエットの効果と注意点【まとめ】

テレビでも話題になっていた帳消しダイエットの効果と注意点を知り、あなたはどう思いましたか?

色々な情報がテレビやインターネットで溢れていますが、情報を鵜呑みにするのではなく、しっかりよく考えて、効果があると思ったら取り組むことが重要です。

あなたにあった帳消しダイエットはあったでしょうか?

一緒に放送されていた玉ねぎヨーグルトダイエットについても紹介しています。

 

また、少し前にテレビで紹介された、お笑い芸人のレッド吉田さんが4週間で5.8キロ痩せた食べる順番ダイエットの真実もこちらの記事で紹介しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします