【無料】ボディメイク1ヶ月体験に参加する >

中学卒業して高校1年の春に私が1ヶ月で10キロ痩せた、過酷な減量方法を公開

運動部だった私が1ヶ月で10キロ痩せた時の体験談を紹介します。

 

あれは中学3年生の冬、同級生が高校入試で忙しくしていることでした。

 

夏に部活を引退してから、運動量は激減したにもかかわらず、食欲は育ち盛りなので、毎食どんぶり2ハイのご飯を食べていた私は、気がつけば10kgも太っていました。

 

しかし、高校に入学してまもない4月には新人戦があり、出場するために10kg落とさなければなりませんでした。

 

その時に、どうやって痩せたかについて紹介したいと思います。

※おすすめする方法ではありませんので、参考までにしてください。

最初の2週間は調整しながらの簡単メニュー。それでもミルミル体重は落ちていく

階段_ステップ_上がる

久々に運動を始めたということだけあり、最初の2週間は、スムーズに落ちていきました。

 

中学生、高校生にとっては、10キロも太ったのであれば、少し頑張って運動をすれば、簡単に4〜5キロだったら落ちると思います。

 

運動は毎日のジョギングと週3のトレーニング

学生といえば、時間があるのがなによりもの強みです。

 

そして、40代、30代からみれば羨ましがられるほど基礎代謝も高いので、運動をすれば面白いように体がしまっていくのも強みですね。

ですので、運動も積極的に取り入れていきました。

 

ジョギングで体を慣らしながらも痩せる

まず一番最初に取り入れたのが朝と夕方のジョギングです。

 

運動不足だったということもあり、走り出すとヒザが痛くなってしまったのを覚えています。

 

ですので、最初は、歩いたり、走ったりを調整しながら4kmくらいの距離を1時間くらいかけて走っていました。

 

※怪我をしたら運動できなくなってしまうので、最初から無理にハードな運動は絶対にしないようにしましょう。

 

これを朝と夕方の2回です。

 

この時に意識したのは、しっかり汗をかくことです。

 

ですので、着込めるだけ着込みます。

 

上は

  • Tシャツ
  • ロングTシャツ
  • トレーナー
  • ウィンドブレーカー

下は

  • ジャージ2枚
  • ウィンドブレーカー

と言った感じです。

※もし、サウナスーツやカッパなどああれば、汗をかきやすくなるのでオススメです。使ったことある人にしかわからない凄さがあります。

 

週2~3回のトレーニングで

3月で部活もなかったので、高校の練習に週2回くらい参加していました。

トレーニングもほとんど半年ぶりだったので、体をならすことを意識下程度で、特に激しく追い込んだりということはしていません。

 

もし部活などで運動をしないのであれば、そのかわりに、以下のような中不可の有酸素運動を加えるといいと思います。

 

食事は、少し量を減らすことを意識した程度

食事に関しては、減量を始めるまで、意識せずに満腹になるまで食べていたので、減らせば体重が落ちることもわかっていました。

ですので最初は食べすぎないことを意識したていどです。

具体的には、食事の量を8割程度、腹八分目に減らしたくらいです。

 

急いで落としても、途中でバテて動けなくなることはわかっていたので、極端な食事制限をしなくてよかったと思っています。

 

この時点で、簡単な運動と食事制限で体重は4kgほど落とせていました。

今まで運動不足だったことと、少し食事の量を意識して少なくするだけで、体重はスッと落ちていきました。

 

ただし、残りの2週間で6kg落とさないといけないとなると、気持ち的にもかなりの焦りが出てきます。

 

10キロダイエット3週間目で本格的に絞り込む

しばらく運動をしていなかったのと、冬の太りやすい時期だったので、最初の2週間で4kg痩せたのは想定内でした。

 

しかし、本当にきつかったのは、この3週目からです。

結果的に2kg落ちるのですが、残りの2kgがなかなか落ちませんでした。

 

運動量は増えたけど…

主にしていた運動メニューは以下の2つです。

  • 毎朝5kmのジョギング
  • 部活で2時間のトレーニング

 

このころになると、高校もはじまり部活も毎日になるまで増えていました。

しかし、部活のメインは、インターハイ予選前の3年生が中心で、1年生の私たちの運動量は運動量は中学の部活よりも少なくなっていました。

 

食事の量もじょじょに減らしだす

運動量だけでは、カバーできないことがわかったので、食事も徐々に減らしていくことになります。

 

例えば、まずは夕食を豆腐サラダに切り替えて、できるだけカロリーの低い食べ物にしだします。

 

今考えても、特に悪いメニューではなかったのですが、お腹がガスでパンパンになったのを覚えています。

 

理由は単純に生野菜を食べすぎていて消化が悪かったのだと思います。

 

野菜はどれだけ食べて太らないと思って食べていたのですが、消化できないほどに食べてしまうのは良くなかったと思います。

 

にがりダイエットに手を出す

それから、当時テレビで流行っていた『にがりダイエット』に手を出しました。

※『にがり』は豆乳を凝固させて豆腐にするための液体です。

 

「にがりダイエットなら簡単に◯kg痩せられる!」というのをテレビで見たからなんです。

 

結論から言うと、にがりをかけすぎたかどうかで、にがりを料理にかけて食べると、つよい下痢に襲われました。

 

当時は下痢であっても出せば出すほど体重も減ったので、それほど悪いと思っていませんでした。

 

夜にお腹が空いた時は、罪悪感でにがりをかけて食事することもありました。

 

にがりで出せば大丈夫か、と思っていましたが、今考えれば、どう考えてもいい考えではありませんね。

 

下剤ダイエットのようなものですから….

 

ただ、体重は色々な努力もあり、残り2キロまで減っていました。

4週間目のメニューは過酷以外のなにものでもない。


残り2キロなのですが、この2キロがどうにもこうにも落ちませんでした。

 

ですので、限界まで絞り込んでくことになります。

 

この最後の1週間は、運動した後はフラフラで階段をのぼるのもしんどくなります。

むしろ、運動前もフラフラ過ぎて、動けないので栄養ドリンクを飲んでいました。

(本当に疲れているときって、効き目がすごくよくわかりますよね。)

 

最後の1週間は、それくらい気力がないとできませんし、体の筋肉も落ちて痩せこけて見えてきてしまいます。

 

本当に必要な人でない限り、絶対にやらないことを強くオススメしたいです。

 

食事は必要最低限の量まで減らす

ダイエットの大原則である

『消費カロリー>摂取カロリー』

を徹底していきます。

 

そのためにも食事を必要最低限まで落としていきます。

必要最低限の量とは、自分が動くのに必要な量という意味です。

でも、どのくらいが必要なのかって、いまいちわかりませんよね。

そこで1時間に1回くらい少量の食べ物をちょびちょび食べて調整していきます。

 

例えば、私のあ場合、1日分の食べ物はこのようなもです。

  • おにぎり2つ(大)
  • 豆腐サラダ
  • カロリーメイト2本
  • 板チョコ1枚
  • エナジードリンク1本
  • 水分5リットル以上
  • チューイングガム
  • 牛乳500cc
  • シェイクプロテイン(200グラム)

これらを1時間

 

多いと思うかもしれませんが、伸び盛りの高校生が、1日に4時間のトレーニングをしていたので、これでもギリギリの量でした。

(部活をしている高校生にとっては1食分くらいでしかありません。)

 

ですので、これでも本当にエネルギー不足でフラフラな状態になります。

 

例えば、運動をしない人であれば、以下のようなメニューでも十分かもしれません。

朝食:玄米おにぎり、ゆでたまご、野菜入り味噌汁

昼食:肉とサラダ

夕食:ホットミルク

 

のようなメニューでもよいと思います。

 

最後の1日は絶食も…

※これは計量があって、必ず目標の体重に落とさないと行けない時のみ行いましょう。

それ以外の人は、ここまでやる意味がありません。

 

最後の1日になっても目標の体重まで落ちていなければ、最後の手段は絶食です。

1日中何も食べなければ、それだけで1~1.5kgくらいは落とせます。

さらに、夜に寝て起きて朝に、おしっこをすれば500g~1kgくらいは落ちます。

水分もむくために、のどが渇いても、うがいをして、口の中を潤す程度にしましょう。

もし、ここで3kgくらい残っているのであれば、諦めるのもありです。

 

運動はパフォーマンスを高めるをメイン&ジョギング

運動は、朝30分のジョギングと夕方の3時間程度の部活でした。

食事制限をしていて、体が動かず、本当に辛かったのを覚えています。

運動をするときにはサウナスーツを着て、常に汗が出る状態に。

着ている衣類は汗を吸収して、重りのようにずっしりと体にへばりつくというのもあります。

それでも練習を終えれば1~2kg毎回落ちていました。

サウナスーツを試したことがない方は、汗のかきかたが尋常ではなくなるので、特におすすめします。

 

1ヶ月で10キロ落とすことに成功した10のコツ

なぜ、10kg痩せることができたのか?それから、効果的だったと思った痩せるコツをまとめて紹介します。

 

1.できるだけ回数を分けて食べる。一気に食べない

1番効果的だったので、最初にお伝えします。

できるだけ回数を多く分けるというのは、おにぎり1個でも1時間くらいかけて食べるイメージです。

 

例えば、私の場合、1つのおにぎりを食べるにしても30分ごとに2口、という感じで食べていました。

 

これで、エネルギー不足を凌ぐことができます。

 

1ヶ月で10kg痩せた時に困ったのが、体がフラフラになることです。

正直を言うと、空腹、食欲自体は途中からなれてきます。

 

おいつめられてきて体重が落ちないと、食べなくなることを自然と選ぶからです。

しかし、その代償として、体がフラフラになります。

エネルギー不足で体がダルイ状態が続くのです。

授業中も常に眠い状態で、脳が働いていないように感じます。

 

できるだけ分けて食べることで、この状態をできるだけ回避することができます。

 

後で知ったことですが、空腹時は「コルチゾール」というストレスホルモンが「筋分解」という筋肉を壊すようになっきます。

 

 

2. 高カロリーで軽い食べ物を食べる

もう1つ、良かったと思うのが、意外と思うかもしれませんが高カロリーの食べ物を食べるということです。

 

先ほど説明したエネルギー切れの状態でチョコレートを食べると体が一気に元気になりました。

 

しょうじき、おにぎりを1つ(120g)を食べるより板チョコ1枚(60g)を食べたほうが、よかったような気もします。

 

体重を気にしていた私にとっては、板チョコは食べても60gしか増えないというのも大きなメリットです。

 

5. 運動前の食事方法

運動前の食事方法は2パターンあるので注意してください。

1つは激しい運動(2時間程度)をする人。

もう1つは10~60分くらいのゆるい運動をするという人むけのパターンです。

 

2時間程度の激しい運動をする場合

運動をする30~60分前に栄養をしっかりとっておくことをオススメします。

エネルギー不足になり運動のパフォーマンスが落ちてしまうからです。

 

私の場合はトレーニング30分前にカロリーメイト2本を食べていました。

 

カロリーメイトは炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルのバランスがいいので、単に糖質をとるよりも良いからです。

 

量も少ないので、お腹がいっぱいで運動できないということもありません。

 

もちろん、カロリーメイト意外にも、おにぎりやパン、パスタ、バナナなどの炭水化物でもいいと思います。

 

しかし、重要なのはトレーニングに必要な最低限のエネルギーに抑えることです。

 

10~60分程度のゆるい運動をする場合

1時間程度の運動をするのであれば、特に何も食べずに運動をしましょう。

 

理由は脂肪を燃焼しやすくなるからです。

 

炭水化物や糖分を食べてしまうと、あなたの体は脂肪ではなく、炭水化物や糖質からなるブドウ糖をエネルギーとしてしまうので脂肪が燃えづらくなります。

 

6. 運動の後はプロテインで回復

トレーニングの後は、プロテインを飲むか、高タンパク質の食事にします。

 

理由は疲れた筋肉を回復させるために、タンパク質が必要だからです。

決して体を大きくするためではありません。

 

極度のトレーニングをして少ない栄養しかとっていないと体が消耗されて疲れだけが残るようになります。

 

なので自分にあったプロテインやアミノ酸、クエン酸などを取って体が休まる状態にしてあげましょう。

 

7. 夕食は炭水化物を食べない

夕食は寝るだけなのでエネルギーは必要ありません。

 

特に脂肪に変わりやすい炭水化物や糖質は避けるようにしましょう。

 

豆腐サラダや焼き魚と温野菜、サラダと肉類の組み合わせなどが最適です。

 

8. 水は飲み過ぎっ!というくらい飲む

最後に水分ですが、これでもか!というくらい飲んでいました。

 

重要なのは、「水」であることです。(運動中は薄く薄めたスポーツドリンク)

水が代謝を上げることにおいて重要なことは、いろいろな本で述べられていますが、これは本当に良かったです。

 

常に汗をかくことができたので、新陳代謝が高まっていたのだと思います。

 

また、これも当時は知らなかったのですが、筋肉の70%は水分でできているので、筋肉のパフォーマンスを高く保つためにも水分は本当に重要です。

 

9. お風呂も有効活用する

当時は何の知識もなかったので、お風呂の中でもできるだけ汗がかけるように、できるだけお湯を熱くして入っていました。

 

汗も絞り出るので、入浴後には体重が1kg程度減っていました。

 

しかし、これは今考えると、疲れがかなり残るので、本当にベストな選択だったとは言えないでしょう。

 

今であれば41℃のお湯に15分、肩までしっかり浸かる方法を選びます。

 

10.とにかく寝る。授業中も寝ていた。

最後ですが、これもとても重要です。

1ヶ月で10kg落とすというのは、体にとって、とても大きな負担になります。

1度やってみればわかりますが、体がフラフラになります。

 

そこで、なによりも重要なのが、体をしっかり休めてリカバリーさせてあげることです。

 

食事での回復は限られているので、寝て休むしかありません。

 

私の場合は、必ず9時間は寝ていました。

 

それに加えて、寝れる授業や休憩時間も寝ていました(笑)

 

それくれい体を休めることは重要です。

 

よくある質問とアドバイス

最後に、よく聞かれる質問とそれに対してのアドバイスを追記します。

もし、アドバイスがほしいと言う場合は、下のコメント欄に以下の情報で質問してください。

 

Q1. どんな運動をしたらいいですか?

高校生の場合は、痩せるなら有酸素運動がおすすめです。

成長期のため、有酸素運動でもドンドン筋肉がついていきます。

忙しくてできない、外でできないという場合は、下記の記事で紹介している有酸素運動やHIITというエクササイズがおすすめです。

効果で選ぶ痩せる有酸素運動おすすめTOP5!自宅ダイエットの新常識
これを言うとだいたいの驚く人が多いのですが、 /  有酸素運動って必ずしもダイエットに必要ではない! \ というのがダイエットでは新常識になっています。 そんなわけあるわけないでしょ。。。(笑)  続きを読む >
HIITなら筋トレしながらダイエット!自宅で有酸素運動の10倍効果的に脂肪を落とすトレーニングメニュー7つ【やり方・解説】
「HIITはダイエット効果が高いらしい」という噂を聞いてやってきた、あなたに質問ですが、HIITのデメリットも知っていますか? もちろんHIITのダイエット効果、メリットが大きいことも確かです。 5分の運動で脂肪を4 続きを読む >

 

Q2.とくに下半身が太くて困っています。何かいい方法はありますか?

下半身が太くなってしまっている理由は、股関節周りの筋肉が硬かったり、あるいわ弱くなってしまっていることが原因です。

 

その結果、骨盤が前傾してしい、まえ太ももに常に体重がのっかってしまい、太くなってしまっています。

 

ですので、股関節周りの関節、筋肉を柔らかくするエクササイズがおすすめです。

脚の骨格から細くなる!?パーソナルトレーナー直伝の太もも痩せ筋トレメニュー5つ
太ももが太いと、それだけでデブ判定されてしまうのがつらいところですね。 私も大学生の時まで、骨格的にもズングリでムチムチというよりも大根のような太ももで、「あんなキレイな脚、私には骨格的にもムリなんだ..」と諦めていた1人です 続きを読む >
1日5分で効果バツグン!骨盤と肩甲骨の位置をリセットして代謝を方法厳選3つ
いかに、最短、最小限の努力で、しかもモデルのような体型を健康的に作るか? というのであれば、一番最初にやるべきは、食事制限よりも筋トレよりも有酸素運動よりも先に、あなたの体のバランスを自然な状態に戻すことです。(特に肩甲骨と骨盤)  続きを読む >

 

また、むくみも大きな原因なので、マッサージは即効性も高いです。

【超効果的】リンパマッサージを超えた!即効で太ももが痩せる、細ももマッサージ厳選6つ
早い話、太ももはマッサージすれば痩せます。 でもリンパマッサージだけではダメです。 ◯◯をほぐせば、ビックリるくらいはやく脚が細くなってきます。 ちなみに、脚が太いのがコンプレックスだった私に訪れたのは、こ 続きを読む >

 

※2019年1月に有料化するコンテンツを無料で体験いただけます。

  • メールアドレス
  • 名字※ 

※携帯・スマホのアドレス、icloudのアドレスは無料講座のメールを受け取れない場合があります。普段お使いのPCメールアドレスをご登録ください。


※いつでもワンクリックで解除できます。



短期間で痩せる
この記事を書いた人
こまち

大学入学するまでぽっちゃり体型で

身長:155センチ
体重:56キロ←現在は40kg/体脂肪率20%
でした。

でもあるダイエット方法で16キロ痩せ!

しかし8キロのリバウンド。

更に、肌が極度の敏感肌になってしまった、ダイエット失敗者。

それでもまたダイエット(正しい方法)で6キロ痩せに成功!

まずは、プロフィール代わりにこちらの記事を読んでいただけると嬉しいです↓

▶まるで悪魔との契約。大学生の時に半年で16キロ痩せした間違ったダイエット方法と9年間も悩まされている副作用

モットーは「無理のない、失敗しないダイエットを」

Dちゃんをフォローする
ダイエットライフ〜短期間で健康的に痩せるなら〜

コメント一覧