ボディーメイク無料講座

いきなりですが、『夏太り』していませんか?

 

しかも『夏バテしていて、あまりご飯は食べていないのに。。。太ってしまった(゚∀゚)』

という人は多くいます。

 

なぜ、夏バテしてご飯を食べる量が少なくなっているのに太るのか?その原因はずばり、栄養失調からくる夏太りです。

 

今回はこの夏の栄養失調太り、夏太りを根本的に解決してくれる夏野菜、ゴーヤを使ったダイエット方法を紹介したいと思います。

 

先に言っておくとポイントはゴーヤには『モモルデシン』や『チャランチン』という特別な成分です。

 

なんで栄養失調が原因に『夏太り』になるの?

夏バテするとご飯が食べづらくなりますよね。

すると、夏バテした人たちは味付けの濃い食べ物や栄養のある食べ物がたべられなくなり、ついつい、そうめんやうどんなどの食べやすい食事のみを食べたり、アイスやスイカなどの甘かったり食べやすかったりする食べ物だけを食べるといったことに陥りがちです。

 

これが夏に起きやすい『栄養失調の原因』です。なぜなら、栄養が『糖分や炭水化物』だけはしっかり取っているものの、脂肪燃焼や新陳代謝するために必要なビタミンやミネラルなどの栄養が不足してしまうからです。

そうなると、もう古い脂肪が体にドンドン蓄積されたり、体がむくんだり、セルライトになったりと悪いこと尽くめです。

 

そこで、そうならないように、夏バテ、夏太りを根本的に解決するにはゴーヤが1番です。なぜならゴーヤには夏バテを解消させるのに効果的な『モモルデシン』が『チャランチン』含まれているです。

 

ゴーヤに含まれる『モモルデシン』・『チャランチン』とは?

ゴーヤは別名でニガウリとも言われている食材で、特有の苦味をもっています。この苦味の成分は『モモルデシン』や『チャランチン』と呼ばれ、夏バテ解消&ダイエットに効果的だと言われています。

 

その理由はこのモモルデシンとチャランチンの成分がもつ3つの効果が関係しています。

 

1. 胃腸の粘膜を保護する効果

夏バテをすると胃腸などの臓器の働きが弱くなってしまいます。弱くなった胃腸は胃液などを分泌が少なくなり、過敏になってしまいます。

 

そんな過敏になった胃腸を保護してくれるのがモモルデシンとチャランチンです。モモルデシンとチャランチンには胃腸を保護したり、胃液の分泌を促して胃腸の機能を正常化してくれる働きがあります。

 

2. 疲労回復効果

胃腸の働きがかっぱつになると食欲が戻ってくるので、そうめんや、うどんだけと偏っていた食事からバランスの取れた栄養のある食事に戻すことができます。

 

夏バテを解消するにはやはり栄養の取れた食事は不可欠です。

 

3. 血糖値を下げる効果

更に、ゴーヤには夏バテ防止だけではなく糖尿病を予防する効果があると言われているのですが、その成分こそがモモルデシンとチャランチンなのです。

 

モモルデシンとチャランチンには血糖値を下げる作用があり糖尿病を予防すると言われています。また、血糖値が下がることによって糖分が脂肪に変わりづらくなるので太りにくくなったりするのでダイエットにも効果的です。

 

ゴーヤのビタミンCは熱にも強かった

それからゴーヤにはトマトの5倍レモン4倍のビタミンCが含まれています。しかも、普通、ビタミンCは加熱に弱く壊れやすいのですが、ゴーヤに含まれるビタミンCは特殊で加熱しても壊れにくいという性質を持つっています。

 

なので、ゴーヤ料理の中でも人気のあるゴーヤチャンプルーはゴーヤの素材をよく活かした料理とも言えるのです。

 

そしてさらには、他の食品に比べても素晴らしいくらい豊富な栄養素を含んでいます。

 

セロリの30倍の食物繊維

ゴーヤには水溶性と不溶性の食物繊維の両方が含まれていて等の吸収を抑えたり、胃や腸で膨らんで満腹中枢を刺激してくれます。

 

しかもその量は繊維質な野菜の代表、セロリの30倍も含まれています。

 

牛乳の14倍のカルシウム

骨を健康な状態に保つだけではなく、イライラを抑えたり、脂肪燃焼効果にも大きな影響を与えるカルシウムですが、なんとゴーヤには牛乳の14倍のカルシウムが含まれています。

 

ほうれん草の2.3倍の鉄分

夏の季節は夏バテが原因で貧血になる人も少なくありません。また、夏バテに貧血が重なると吐き気や頭痛にまで発展することがあるので危険です。

 

夏場の季節に貧血気味と感じたのであれば悪化する前にゴーヤを食べましょう。

 

ゴーヤの栄養価を最大限に引き出す食べ方

ゴーヤチャンプルーはゴーヤの栄養素をしっかり吸収するために効果的な食べ物なのですが、それ以上にゴーヤのの栄養価を引き出して食べる方法があります。

 

それは『乾燥ゴーヤ』です。生のゴーヤを天日干しにすることで

ビタミンC→10倍

カルシウム→15倍

鉄分→30倍

と、爆発的に栄養価が高くなるのです。

 

ビタミンCはこの時点で、トマトの50倍、カルシウムは牛乳の210倍、鉄分はほうれん草の70倍もの栄養価になります。

 

これはもう、乾燥ゴーヤはスーパーフード認定をされてもいいのではないかと思います。

 

ゴーヤチップスの簡単な作り方


画像元:https://www.bob-an.com

じゃあ、この乾燥ゴーヤをどうやって食べたらいいのか?それは油で上げて、乾燥ゴーヤチップスにしてあげましょう。

 

160度の油にそのまま乾燥ゴーヤを入れてサッと上げれば完成です。塩をパラっとかけて食べると美味しいです。

よく読まれている関連記事はこちら

 

ゴーヤはフルーツとしても食べられます。

にがうり故に、苦いイメージしかないゴーヤですが、完熟ゴーヤはメロンの味がするということをご存知ですか?


スーパーで買った青々としたゴーヤも、真夏の暑い部屋に放置しておくと黄色く熟してきます。

 

この完熟したゴーヤを食べてみると、なんとものすごく甘いんです!

『種もゼリー状でプルプルしていて美味しい』

 

このまま食べてもスムージーにしても美味しいので、野菜としてゴーヤを食べるのが苦手な方はフルーツとして、デザートとしてゴーヤを食べてみてはどうですか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう