ボディーメイク無料講座

長い間有酸素運動を持続している人に限って

「いつからか有酸素運動がまったく効果なくなった」

「むしろ運動しても運動しても脂肪がつきやすくなっている気がする」

「運動量を増やして、前よりしっかり食事制限もしているのに...」

いう悩みに悩まされる方が出てきます。

 

結論から言うと、毎日有酸素運動をしてしまうと、むしろ太りやすい体質になってしまいます。

 

なぜならば有酸素運動を長い間すればするほど、筋肉が落ちてしまう『カタボリック』という現象がおこるからです。

 

今回は、なぜ有酸素運動を毎日し続けても痩せないのか?筋肉が落ちてしまうのか?について、紹介したいといと思います。

特に、

「努力しないと痩せない」

「痩せるにはもっと運動をしないと」

と思っている人ほど、おちいってしまう危険な落とし穴です。

 

続けていても心身ともに消耗してしまう危険性もあるので、ぜひ1度立ち止まり考え直してみましょう。

有酸素運動は確かに脂肪燃焼効果が高い


↑有酸素運動は運動強度も弱いので脂肪燃焼効果が高い。運動強度が強いのは、ハードな筋トレや激しい運動などが含まれる。

 

人間の体は生態学的にみても有酸素運動が脂肪燃焼に効果的というのは確かです。

ですので、有酸素運動をすると効果的に痩せることができるというのは確かです。

しかし、有酸素運動で痩せたあと、どうなるかはご存知ですか?

もちろんキープできているという人もいますが、実際に有酸素運動のみを頼りにしてしまっていると次のような悩みに悩まされる場合が多く散見されています。

有酸素運動を毎日続けた末路...

有酸素運動を毎日しても痩せなくなる原因

頑張って努力して運動したのに痩せないという人や有酸素運動だけで痩せたらリバウンドしたというようなことがおきてしまいます。

 

なぜ、脂肪燃焼に効果的と言われる有酸素運動をしても痩せなかったり、激しいリバウンドに襲われてしまうのでしょうか?

有酸素運動で太りやすい体質になる唯一の理由

有酸素運動は一時的に痩せるのには効果絶大なのですが、副作用として筋肉が脂肪と一緒に落ちてしまうというデメリットがあります。

 

運動して筋肉が落ちるの?

と疑問に思う人もいると思いますが、落ちます。

 

それは、体には脂肪と筋肉は同時に増えて同時に減るというメカニズムがあるからです。

 

これを生体学では

カタボリック(筋肉と一緒に脂肪が作られること)

アナボリック(筋肉と一緒に脂肪が代謝されること)

と言います。

 

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

 

ということで、脂肪が減っていけば減っていくほど筋肉も減っていってしまうのです。

 

その1番わかりやすい例がマラソンランナーです。

 

マラソンランナーは1日に数十キロも走ったりしているわけですが、筋肉がついていませんよね?

これは脂肪と一緒に余分な筋肉を落としているからです。

 

42.195kmという、長い距離を走るのに重い筋肉がついていると負担になって疲れてしまいますよね。

 

体は必要最低限な筋肉だけを鍛えて、それ以外の筋肉を落としていってしまいます。

 

これと同じ症状が有酸素運動を毎日続けていくと起きてきます。

 

その結果、最初は劇的に痩せる事ができたのに、

「ある時から突然痩せなくなった。」

「運動量を減らしても食事を減らしても減らない!」

 

という落とし穴にはまってしまう人が出てきます。

 

さらに食事制限をしてタンパク質の量が足りていないと脂肪と一緒に筋肉が低下していて痩せていってしまう。

 

では、有酸素運動の代わりに何をしたらいいのか?

 

有酸素運動より強い強度に切り替える必要があります。

 

ここでは代替え方法として2つ紹介します。

 

1つ目は有酸素運動でも強度がガクッと強くなる「踏み台昇降運動」に切り替える方法です。

ウォーキングから切り替えただけで1ヶ月で5kg痩せたという人もいます。

 

2つ目は脂肪燃焼効果UPしやすい部位を鍛えることです。

例えば以下の記事で紹介しているスクワット方法なら、お腹痩せしつつも筋肉量を増やせるのでヤセ体質を作るには効率的です。

 

以上の2つの内容を以下の記事にまとめて起きましたので、有酸素運動では痩せなくなってしまった方はぜひ切り替えてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう