【無料プレゼント】4ヶ月で10キロ痩せる方法 >

白湯ダイエットの効果が口コミ以上!作り方や方法でデトックス&ヤセ効果が全然違う!?

これで痩せることができれば、今すぐにでも取り入れたいと思うものです。

 

簡単であり、健康効果がスゴイことから桐谷美玲さんや、松本潤さんも白湯を日常にとりいれているそうです。

 

ただし、もちろん、ムヤミヤタラにやればいいというわけではなく、最低限おさえてないと行けないポイントもあります。

 

注意点や効果的な飲み方も本文では紹介しています。

白湯の驚くべき効果とは?

こんなに芸能人の人も白湯を飲んでいるとなると、さぞかし凄い何かが体の中で起こっているのだろう...

、と思ってしまうのですが、『内蔵を温める』『胃腸をキレイにしてくれる』という至ってシンプルなことしかおきていません。

 

でもこの『内臓を温める』、『胃腸をキレイにする』だけで体中の結構がよくなり、新陳代謝があがり、便秘やむくみが改善されてデトックス作用やダイエット効果が得られるのです。

 

白湯を飲んで得られる効果はこんなにもあります。

  • 内臓脂肪の代謝
  • 体に活力が戻る
  • 冷え性改善
  • 新陳代謝があがる
  • デットックス効果
  • 食事の脂質を分解
  • 便秘改善
  • むくみ改善
  • 生理痛を和らげる
  • 熟睡できる
  • 健康維持
  • 二日酔い防止・解消
  • アレルギーの改善

 

これだけの効果があるので、ダイエットだけではなくて、美容効果や健康促進としても是非、白湯を飲むことをおすすめします。

白湯を飲んでいる人の口コミ・感想

 

どのくらい白湯を1日に飲む必要があるの?

白湯で痩せることができる、美容効果があると言っても、1日に何リットルも白湯を飲み続けることは難しそうですよね。

 

では一体、1日にどの位の量の白湯を飲めばいいのでしょうか?

 

答えは1日に2リットル程度が目安と言われています。

 

ただし、あくまで程度なので無理して2リットル飲む必要はありません。無理のない量を心がけましょう。

 

また、1度に2リットルの白湯を飲むというのは【白湯の正しい飲み方ではない】ので2リットルを飲めば良いというわけでもありません。

 

白湯を飲む場合は150~180mlを数回に分けて飲むのが賢明、かつ効果的です。

 

夏こそ白湯!効果的に飲むタイミングはいつ?

白湯を効果的に飲むタイミングは、大きく分けて4つあります。

朝起きた時

起きた時に白湯を飲むと、寝ていた時に体から抜けた水分を補う効果と体を徐々に温めてくれるのでエネルギーが漲てくるように感じます。

またお腹が温めることによって腸の動きが活発になり、朝に便が出やすくなります。

食前

食事中に白湯を飲むと、胃腸をあたためて消化機能を高めてくれます。ビタミンやミネラルなど重要な栄養素を吸収しやすくなったり、胃もたれなどを和らげる効果があると言われています。

 

食事中

食事中に白湯を飲むと、食べたものの脂質を分解しやすくしてくれます。消化機能を助けてくれます。白湯を飲みながら食事をすると食べたものが胃の中で白湯を吸収するので消化しやすくなります。

 

寝る前

白湯は寝る前に飲むことによって、交感神経を休ませて体を寝るモードにすることができます。なので、熟睡することができます。

おすすめ記事bed96f97305fa1cee70f75277ebe61c01寝てる間に痩せる方法!睡眠ダイエット1週間で4キロ痩せる為に重要な3つのポイント

 

このように白湯を飲むタイミングは4つあるのですが、1日に3食するとなると全部で7、8回飲むタイミングがあります。

 

なので2リットルの白湯を飲むと言っても、数回に分けるので結構簡単に飲むことができます。ちなみに、朝起きて飲む時は食前と同じにしても大丈夫です。

 

効果的な白湯の飲み方

白湯はすすりながらゆっくり飲むのがポイントです。

 

ゆっくり飲むことによって徐々に胃腸を温め、そして体全体を温めてくれます。また、ゆっくり温めることによって徐々に体に負担をかける心配もありません。

 

また50~60度が白湯の適温と言われていますが、この温度は『すすって飲める温度』でもあります。

 

白湯は一気に喉に流し込まずに、ゆっくりすすりながら飲むのが効果的な飲み方です。間違っても『体にいいから一気飲み!』ということはしないように注意して下さい。

 

それから、お酒を飲むという人!よく居酒屋やバーでお冷やチェイサーを頼む人がいますが、代わりに白湯を頼みましょう。二日酔い防止効果もあります。

 

こんな白湯の作り方は危険?電子レンジとアルミ鍋

白湯の作り方を調べると、

「電子レンジは使うべきじゃない!」

「アルミ鍋は発ガン性物質が発生するから危険!」

「電気ケトルは有害物質が貯まるから危険!」

などという、危険性をうったえる内容も少なくありません。

 

結論から言えば、気にすることはありません。

 

多くの人類が電子レンジを使っているし、電気ケトルを使っています。

 

日本特有と言われるアルミ鍋についても、WHO(世界保健機構)はアルミ鍋が健康被害についての関連性を認めていません。

 

つまり、50~60℃のお湯であれば、どんな方法で白湯を作っても大丈夫ということです。

 

まずは、白湯を飲んでから、あなたの好きな方法を模索していくほうがよいと言えます。

『ダイエットに効果的』な白湯の作り方とは?

白湯の作り方はとても簡単です。

 

ヤカンに水を入れて沸かすだけです。

水が沸騰したら弱火にしてさらに10分ほど沸騰させ続けます。

これで完成です。

 

白湯を作る時に、『ミネラルウォーターがいいの?それとも水道水でも大丈夫?』という質問がよくあ入りますが、答えはどちらでも大丈夫です。

 

ただし、あまりにも水道水が臭かったり、味に違和感があるという家庭は浄水器に通した水や、軟水のミネラルウォーターを使うことをおすすめします。

湧いた後は温度が50~60度に冷めるまでひたすら待ちましょう。

 

レモンを入れてダイエット効果を高める方法

ダイエット効果を高めるためには白湯に、よく洗ったレモンを輪切りにして入れましょう。

レモンに含まえるクエン酸やビタミン、食物繊維がさらに白湯のダイエット効果、デトックス効果を引き出してくれます。レモンの香りも付けることができるので白湯が苦手な人でも飲みやすくなります。

 

チアシードを入れて『おやつ』にも!?

ダイエット中、できるだけ控えたい天敵、『おやつ』ですが、これも白湯にチアシードとレモンを入れれば、小腹を満たしてくれるヘルシーおやつを作ることができます。

少し甘さが欲しいという場合には蜂蜜を少し垂らしてもOKです。幸せに包まれます。

 

 

白湯を飲む前に絶対に知っておくべき副作用と好転反応

『白湯は単なるお湯だから、飲みすぎても大丈夫、副作用の心配はない。』と何も知らずに白湯を飲むと大変な思いをするかもしれません。

 

白湯は確かに単なる冷めたお湯なのですが、デトックス効果が強いため、飲み過ぎると下痢になることもあります。なので、初めのうちは、無理に飲み過ぎないようにしましょう。

 

それから体質改善の兆候と言われる『好転反応』がおきることがあります。体に溜まった老廃物が一気に代謝されるのでニキビや発疹が大量にできたり、発熱して頭痛を起こしたりすることもあります。

好転反応の期間は長いと2週間以上も出ることがあるので、焦らず好転反応が落ち着くのをゆっくり待ちましょう。

 

好転反応が収まった後は、体がスッキリしたり、疲れが一気に抜けたりと体に大きな変化が現れるはずです。

 

もし、あまりにも好転反応が酷いようでしたら、普段お世話になっている医師に相談してみてください。

 

よく読まれている関連記事はこちら

2〜3日で痩せるならプチ断食!2~3キロは簡単に落ちるけど注意点も要チェック!
早い話、プチ断食をすれば簡単に寝ながらでも体重を落とすことができます。 プチ断食をするメリットはそれだけではなく 痩せ体質になる 疲れにくい体質になる 肌の調子が良くなる 食欲が抑えられるようになる 続きを読む >

 

まとめ

いかがでしたか?多くの芸能人がやっていて、効果もメリットも大きくしかもコストは0円というのでやれば取り入れない理由はないですよね。

白湯を飲んで健康的な体を手に入れましょう。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました