寝ている間に痩せることができたら試してみたいと思いますか?しかもお金をかける必要も全くありません。もちろん、危険な薬を取るわけでもありません。

今回は、『寝る前に食べると脂肪燃焼ホルモンを分泌させて痩せる食べ物』を紹介したいと思います。

夜寝る前に食べる時のたった1つのルール

『寝る3時間前には食べ終わる』

寝る前に痩せる鉄則としてこの『寝る前3時間には食べ終える必要がある』つまり、これから紹介する食べ物は寝る3時間前には食べ終わっている必要があり、それから寝るまでの間は『何も食べない、飲んで良いのは水だけ』ということです。

 

なぜ、寝る前3時間前には食べ終えておく必要があるのかというと、このルールを破ると痩せる効果がある『成長ホルモン』の分泌が弱まっってしまうからです。(成長ホルモンには脂肪燃焼効果があるので別名"痩せるホルモン"、"脂肪燃焼ホルモン"とも言われています。)

 

この成長ホルモンの分泌をしっかりと促してあげるためには寝る3時間前に食べることをやめて寝ている間に『副交感神経』が活発になるよう(体がリラックスした状態)にしてあげる必要があります。

 

なので寝る3時間前は食べ物を食べないでください!飲んで良いのは水・ノンカフェインのお茶です。

 

それでは寝る前に食べると痩せやすい食べ物を紹介してい聞きます。

1.魚介類

寝る前のタンパク源としておすすめしたいのが魚介類です。

 

タコ、イカなどの魚介類は脂肪分が少ない上に、成長ホルモンの分泌を高める『アルギニン』が豊富に含まれているのでおすすめです。

 

またアジやサバ、カツオにはアルギニンの他にも内臓脂肪の代謝に効果的な『DHA・EPA』という成分が入ってるのでぽっこりお腹に悩んでいるのであればおすすめです。

2. 豚肉

豚肉は成長ホルモンを分泌させるのに効果的なアルギニンが1番多く入っている食材です。

 

しかも、豚のもも肉なら脂質は以外に低く100グラム中に10グラムしか入っていません。

 

さらに脂肪燃焼に必須なビタミンB群、ミネラルも取りやすい食材なので、実は脂肪を落とすためにはおすすめな食材なのです。

 

3. アルギニンとナットウキナーゼが豊富な『納豆』

納豆にも豆腐同様に『アルギニン』をたくさん含んでいます。夜に納豆を食べることで成長ホルモンの分泌を高めることができます。

 

納豆には豆腐同様にレシチン、リノール酸大豆サポニンなどが含まれているのですが、『ナットウキナーゼ』の効果であるドロドロの血液をサラサラにしてくれる効果もプラスされます。

 

また『発酵食品』である納豆には大豆の2~4倍のビタミンB群が含まれていて、脂肪の燃焼や代謝させるさせるためにも効果的です。

 

4. シトルリンの王様『スイカ』

スイカに含まれる栄養素の中で注目するべきは『シトルリン』も成長ホルモンの分泌を高めるために必要な栄養素です。

 

メロンやきゅうりなどに比較的含まれているシトルリンですが、スイカにはメロンのおよそ4倍のシトルリンが含まれています。

 

夜は糖質を抑えたいという人でも3時間前に食べれば吸収を和らげることができます。

 

特に豆腐サラダを食べた後はアルギニンとシトルリンの相乗効果が見込めるので効果的です。

夏ならではのスイカダイエットというものもあるくらいです。

 

5. 朝に体重が1〜2キロ落ちる『ヨーグルト』

ヨーグルトを夜食べると痩せるという理由は、夜寝ている間の腸が最も活発に動いている時に腸内環境を整えて、朝に便をしっかり出してくれるからです。

 

『便がしっかり出ると、1〜2キロは体重が落ちる』という意味で強制的に痩せさせてくれます。

 

副交感神経が活性化している時は腸が1番活発に動く時とも言われているため、寝ている間に備えて腸内環境を整えてあげましょう。

 

ヨーグルトの摂取方法についてはこちらの記事が参考になります。▶【決定版】ホットヨーグルトで最も効果的にダイエットする方法

 

6. 良質な睡眠で痩せるなら『たまご』

たまごには人間が食べ物からしか摂取できない『必須アミノ酸』が最高のバランスで含まれています。

 

必須アミノ酸はイソロイシン、ロイシン、バリン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、トリプトファン、リジン、ヒスチジンの9つのアミノ酸で構成されていますが、この中のどれか1つでも含有量が少ないと効果が発揮されません。

 

たまごにはこの9つの必須アミノ酸がどれも高い水準で含まれています。詳しくはコチラの記事で確認してください▶最高品質プロテイン=たまご!カロリー無視してでも摂取したい必須アミノ酸9つ

 

特に睡眠に重要だと言われている『トリプトファン』は睡眠の質を高める『メラトニン』と呼ばれう睡眠ホルモンを分泌させるためにとても重要なアミノ酸です。

 

しっかりと良質な睡眠をとると、それだけで300キロカロリーを消費することができます。たまごを食べてしっかり熟睡して痩せましょう。

たまごの関連記事はこちら

 

寝ている間にダイエットできる方法

 

まとめ

寝る前の食べ物を少し変えただけで痩せることができるので、ぜひ試してみてください。

 

特に、糖質制限している人でも、豆腐、納豆、たまご、ヨーグルトはどれも食べられる食品なので相乗効果が得られるでしょう。

 

成長ホルモンを活性化させて痩せる方法、腸内環境を整えて痩せる方法、そして睡眠の質を高めて痩せる方法どれも効果がある方法です。

 

ただ、ルールである『寝る3時間前には食べ終える』ということを忘れないで下さい!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事