1. TOP
  2. 成長ホルモン大量分泌!寝る前に食べると強制的に痩せる食べ物4つ

成長ホルモン大量分泌!寝る前に食べると強制的に痩せる食べ物4つ

寝ている間に痩せることができたら試してみたいと思いますか?しかもお金をかける必要も全くありません。もちろん、危険な薬を取るわけでもありません。

今回は、『寝る前に食べると強制的に痩せる食べ物』を紹介したいと思います。

 

sponsored link

夜寝る前に食べる時のたった1つのルール

寝る前に食べると強制的に痩せる,夜,ダイエット

『寝る3時間前には食べ終わる』

寝る前に痩せる鉄則としてこの『寝る前3時間には食べ終える必要がある』つまり、これから紹介する食べ物は寝る3時間前には食べ終わっている必要があり、それから寝るまでの間は『何も食べない、飲んで良いのは水だけ』ということです。

 

なぜ、寝る前3時間前には食べ終えておく必要があるのかというと、このルールを破ると痩せる効果がある『成長ホルモン』の分泌が弱まっってしまうからです。(成長ホルモンは別名”痩せるホルモン”とも言われています。)

 

この成長ホルモンの分泌をしっかりと促してあげるためには寝る3時間前に食べることをやめて寝ている間に『副交感神経』が活発になるよう(体がリラックスした状態)にしてあげる必要があります。

 

なので寝る3時間前は食べ物を食べないでください!飲んで良いのは水・ノンカフェインのお茶です。

 

それでは寝る前に食べると強制的に痩せる食べ物を紹介してい聞きます。

 

1. アルギニンが豊富で消化・吸収のよい『豆腐』

豆腐,ダイエット,痩せる,

豆腐には成長ホルモンを分泌させる元となる『アルギニン』がたくさん含まれています。なので豆腐を食べると寝ている間に成長ホルモンの分泌を高めることができ、痩せることができます。

 

その他にも、脂肪代謝を高めるレシチン、コレステロールを下げるリノール酸&大豆サポニン、腸内環境を整えるオリゴ糖が含まれているので痩せやすい体質を作ることができます。

 

また、豆腐は豆を蒸してペースト状にしてある食べ物でもあるため、消化・吸収が非常によいです。

 

夜に豆腐サラダや冷奴、湯豆腐をたべることは正しいダイエット方法なのでドンドン取り入れていきたいですね。

 

2. アルギニンとナットウキナーゼが豊富な『納豆』

納豆,ダイエット,カロリー,痩せる

納豆にも豆腐同様に『アルギニン』をたくさん含んでいます。夜に納豆を食べることで成長ホルモンの分泌を高めることができます。

 

納豆には豆腐同様にレシチン、リノール酸大豆サポニンなどが含まれているのですが、『ナットウキナーゼ』の効果であるドロドロの血液をサラサラにしてくれる効果もプラスされます。

 

また『発酵食品』納豆には大豆の2~4倍のビタミンB群が含まれていて、脂肪の燃焼や代謝させるさせるためにも効果的です。

 

3. シトルリンの王様『スイカ』

スイカ,ダイエット,カロリー,痩せる,

スイカに含まれる栄養素の中で注目するべきは『シトルリン』も成長ホルモンの分泌を高めるために必要な栄養素です。

 

メロンやきゅうりなどに比較的含まれているシトルリンですが、スイカにはメロンのおよそ4倍のシトルリンが含まれています。

 

夜は糖質を抑えたいという人でも3時間前に食べれば吸収を和らげることができます。特に豆腐サラダを食べた後はアルギニンとシトルリンの相乗効果が見込めるので効果的です。

 

4. 朝に体重が1〜2キロ落ちる『ヨーグルト』

ホットヨーグルト,ダイエット,効果

ヨーグルトを夜食べると痩せるという理由は、夜寝ている間の腸が最も活発に動いている時に腸内環境を整えて、朝に便をしっかり出してくれるからです。

 

『便がしっかり出ると、1〜2キロは体重が落ちる』という意味で強制的に痩せさせてくれます。

 

副交感神経が活性化している時は腸が1番活発に動く時とも言われているため、寝ている間に備えて腸内環境を整えてあげましょう。

 

ヨーグルトの摂取方法についてはこちらの記事が参考になります。▶【決定版】ホットヨーグルトで最も効果的にダイエットする方法

 

5. 良質な睡眠で痩せるなら『たまご』

たまご,カロリー,ダイエット,プロテイン,

たまごには人間が食べ物からしか摂取できない『必須アミノ酸』が最高のバランスで含まれています。

 

必須アミノ酸はイソロイシン、ロイシン、バリン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、トリプトファン、リジン、ヒスチジンの9つのアミノ酸で構成されていますが、この中のどれか1つでも含有量が少ないと効果が発揮されません。

 

たまごにはこの9つの必須アミノ酸がどれも高い水準で含まれています。詳しくはコチラの記事で確認してください▶最高品質プロテイン=たまご!カロリー無視してでも摂取したい必須アミノ酸9つ

 

特に睡眠に重要だと言われている『トリプトファン』は睡眠の質を高める『メラトニン』と呼ばれう睡眠ホルモンを分泌させるためにとても重要なアミノ酸です。

 

しっかりと良質な睡眠をとると、それだけで300キロカロリーを消費することができます。たまごを食べてしっかり熟睡して痩せましょう。

 

よく読まれている関連記事はこちら

まとめ

寝る前の食べ物を少し変えただけで痩せることができるので、ぜひ試してみてください。

 

特に、糖質制限している人でも、豆腐、納豆、たまご、ヨーグルトはどれも食べられる食品なので相乗効果が得られるでしょう。

 

成長ホルモンを活性化させて痩せる方法、腸内環境を整えて痩せる方法、そして睡眠の質を高めて痩せる方法どれも効果がある方法です。

 

ただ、ルールである『寝る3時間前には食べ終える』ということを忘れないで下さい!

 



>>あなたのダイエットを加速させるなら<<




\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ダイエットハウスの大家

ダイエットハウスの大家

ダイエットハウスの中の人。
元オリンピックコーチ。

10年間くらい、アスリート生活をしていました。『痩せやすいけど太りやすい』という体質なので、1年間に5キロ位体重が上下に変動するため、+ー5キロは誤差認識です^_^

現在は色々な人に体重を制限したり、健康的に正しくダイエットする方法を聞かれることがよくあるので、多くの人が読めるように記事にしてみました!少しでも健康なダイエットに貢献できたら嬉しいです♪

この人が書いた記事  記事一覧

  • 内蔵型冷え性が原因?夏の冷え症を症状別に改善・対策する方法8つ

  • ダイエットしたら女性でもハゲた?知らないと後悔する抜け毛の原因とは?

  • やしろ優が21キロ痩せたブログで話題のダイエット方法47とは?痩せた20の理由を徹底分析。

  • カッティ酵素の効果がヤバイ!?口コミで広がっている4つの理由