塩分を減らせば痩せる!外食でも使える減塩・塩抜きダイエット方法6つ | ダイエットハウス
  1. TOP
  2. 塩分を減らせば痩せる!外食でも使える減塩・塩抜きダイエット方法6つ

塩分を減らせば痩せる!外食でも使える減塩・塩抜きダイエット方法6つ

 2016/06/16 食事で痩せる
この記事は約 8 分で読めます。 1,323 Views

普段食べている食事の味付けを少し変えるだけで、体重は落ちます。

 

特に普段、外食ばかりで体に塩分がしっかり溜まってしまっている片はこの減塩・塩抜きダイエットをすることで余分な塩分を抜くことができます。

 

また、味付けの濃いおかずは、少ない量でもたくさんのご飯が食べたくなります。塩分を少なくするだけで食欲を抑制できます。

 

でも、外食だと料理に含まれている塩分を控えるというのはとても難しいものです。だからと言って、減塩・塩抜きができないわけでもありません。

 

ということで、今回は外食でもできる、減塩・塩抜きダイエットの方法を紹介したいと思います。

 

sponsored link


減塩・塩抜きダイエットで痩せる理由4つ

減塩,塩抜き,ダイエット,外食

入院したことがある人は体験済みだと思いますが、病院食を食べていると痩せますよね。しかも、意外に少ない量なのにお腹がいっぱいになる。という経験もあったりしませんか?

 

それは料理に含まれている塩分の影響もあるのです。日本人が1日に取るべき塩分の量は8〜7グラムだと言われています。

 

しかし、実際は多くの人が10〜11グラムを摂取していることが、厚生労働省の調べでわかっています。

 

特に塩分を過剰に摂り過ぎている人は多く、そういう人は塩分の摂取量を減らすだけで痩せることができます。理由を説明するおと次の3つがあります。

 

食欲が抑制されるから

減塩,塩抜き,ダイエット,外食

味付けが濃い料理やお菓子を食べていると、『ドンドン進んで止まらなくなる』と思いをしたことありませんか?ポテトチップスなどがいい例ですね。

 

濃い味付けのものは脳が『美味しい、もっと食べたい!』という信号をだすので食欲が増加します。しかも濃い味に慣れてしまうと、ドンドン味付けが濃くなっていく傾向があります。

 

また、濃い味のおかずを食べると、しょっぱさを緩和するために白米を多く食べたくなります。その結果、必要以上の量のご飯を食べるようになってしまう。というのが普通です。

 

逆に塩分量を減らして薄味にしてあげると、余分なご飯を食べる必要がなくなったり、食欲の増加を抑えることができます。その結果痩せることができます。

 

飲み物に含まれた糖分を取りづらくなるから

減塩,塩抜き,ダイエット,外食

味付けの濃い食べ物を食べていると飲み物も濃い味のものを飲みたくなります。

 

例えば、ハンバーガーとコーラ、ポップコーンとコーラ、ポテトチップスとコーラなどは『絶対に美味しいパターン』とも言えるでしょう。

 

味の濃い料理やスナックを食べていると、糖質がたっぷりのコーラや加糖されたジュースが飲みたくなります。

 

最悪なのは、これらの飲み物に含まれている糖分は脳が糖分だと認識できないので、いくらでも飲めてしまうということです。

 

 

体のむくみが取れて痩せるから

減塩,塩抜き,ダイエット,外食

 

体は塩分過多の状態になると、水分を体内に多く取り込んで塩分濃度を低くしようとコントロールしだします。

 

その結果、体に余分な水分が多く溜まこまれ、結果的にむくんでしまいます。むくむと顔がパンパンになったりと太って見えてしまいます。

 

しかも、この体がむくんでしまっている状態の時、リンパや毛細血管が圧迫されてしまっているので新陳代謝が悪くなります。

 

さらに悪いことにむくんだ部分に溜め込んだ水分は老廃物や脂肪なども含んでしまっています。結果、その老廃物と脂肪が溜まっていくとセルライトとなって体に蓄積されてしまいます。

 

体のむくみを根本的に解決するには塩分を控えることが重要です。

 

腸が正常に働いて便が出やすくなるから

減塩,塩抜き,ダイエット,外食

塩分は腸まで届くと体内に吸収されます。しかし塩分が濃すぎる食事を便に残されるはずだった水分も塩分と一緒に体内に吸収されてしまいます。

 

そうすると、便に水分が残らないのでカチカチな便になってしまいます。

 

更に腸に含まれる水分も塩分の影響でカラッカラになってしまいます。カラッカラになってしまった腸は便を排出する機能が弱くなるので便秘になりやすくなってしまいます。

減塩,塩抜き,ダイエット,外食

逆に塩分が控えめな食事にすることによって、便に程よく水分が残ったり、腸の働きが正常になったりするため便がしっかりでるようになります。

 

便秘の人で何をしてもダメだったという人は、一度塩分について見直しをするといいかもしれません。

 

 

外食で減塩・塩抜きダイエットをするコツ3つ

減塩,塩抜き,ダイエット,外食

家で自炊をすれば減塩・塩抜きダイエットはやりやすいですが、毎日外食が多いという人にとっては難しいように思えます。

 

しかし、鯨食でも気を使えばしっかり減塩できるようになるので、まずはこれら3つの方法を実践してみてはどうでしょうか?

 

“味が薄い”と思ったら塩よりもスパイスや香辛料で調整

減塩,塩抜き,ダイエット,外食

味を刻するために必ずしも塩や醤油のような味が濃いものを使う必要はありません。

 

例えば塩の代わりにコショウをかけると、舌が敏感になってより食べ物の味を感じることができるようになります。

 

コショウ以外にも七味なども有効です。マイ七味やコショウをバッグの中に入れておくと、ドコに行っても困らないので便利です。

 

カリウムが豊富な食べ物を食べる

減塩,塩抜き,ダイエット,外食

カリウムは利尿作用が強い栄養分です。尿をすることによってムダな塩分や水分を体の外に出せるので浮腫みが解消できます。

 

また、水分をたくさんとって、体の中にある老廃物がガッツリ溜まった水分を入れ替えてあげることでセルライトをためにくくすることができます。

 

カリウムが豊富な食べ物の代表は

  • パセリ
  • 昆布
  • まめ味噌
  • アボカド
  • 納豆
  • やまと芋

などなど。

 

カリウムは摂り過ぎても体から排出されるので副作用などの危険性もありません。しっかりカリウムを取ることを意識した食事を外食でも食べるようにしましょう。

 

塩分表示をよくチェックする

減塩,塩抜き,ダイエット,外食

最近はコンビニやファミレスなどのメニューにカロリーや塩分が表示されている場合も少なくありません。

 

自分が頼む料理にどれくらい塩分が入っているのか、しっかりチェックして塩分を摂り過ぎないようにチェックしましょう。

 

アプリを使って塩分の摂取量を記録する

減塩,塩抜き,ダイエット,外食何を食べたか、どのくらいの塩分量を摂取したか?というのは忘れやすいですし、なにより計算が面倒くさいですね。

そのために食べたものの塩分量を勝手に計算してくれる『減塩生活』というアプリを使うと便利です。

塩分摂取量を簡単に記録できるアプリを使うことをおすすめします。

 

ノンオイルドレッシングに注意する

減塩,塩抜き,ダイエット,外食

ノンオイルドレッシングだからヘルシーという誤った考えを持った人も多くいます。理由はオイルを使う代わりに大量の塩や調味料が使われている場合が多いかからです。

 

そもそも、少量のオイルは野菜の栄養素を吸収させるために必要な栄養です。また、最近は資質制限ダイエットは効果がないという研究結果も報告されたりしています。

 

塩分の控えめなドレッシングを使いましょう。

 

スポーツドリンクを飲まない

減塩,塩抜き,ダイエット,外食

スポーツドリンクには大量の糖分が含まれているだけではなく、塩分も含まれています。

 

スポーツをして汗を大量にかいた時に塩分はとても大切なのですが、普段、特に運動をせずにスポーツドリンクを飲むのは良くありません。

 

カリウムが入ったミネラルウォーターやお茶をできるだけ飲むようにしましょう。

 

塩抜きダイエットをする方法

減塩,塩抜き,ダイエット,外食

1日全く塩分を摂らないことにより、ムダな塩分を体から抜いてダイエットをするという方法です。

この塩抜きダイエットは以前に紹介したプチ断食ダイエットと同じ方法でできるので、そちらの記事を参考にしてみてください。→1日で痩せる方法ならプチ断食!2~3キロのダイエットなら簡単に痩せられる

 

まとめ

いつも食べている食事の塩分を少し気にするだけで、体重は簡単に1、2キロ落とすことができます。

 

もっと言えば、高血圧や高脂血症などの病気にもなりにくくなるので、減塩ダイエットはとてもおすすめなダイエット、基本的なダイエット方法と言えます。

 

食べても痩せたい、健康に気をつけたいという人は今すぐ初められるのですぐに実行してみてはどうでしょうか?

おすすめ記事bed96f97305fa1cee70f75277ebe61c01夏でも41度のお風呂に入浴!体温を1度あげると塩抜きダイエットの効果もある

 

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットハウスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットハウスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ダイエットハウスの大家

ダイエットハウスの大家

ダイエットハウスの中の人。
元オリンピックコーチ。

10年間くらい、アスリート生活をしていました。『痩せやすいけど太りやすい』という体質なので、1年間に5キロ位体重が上下に変動するため、+ー5キロは誤差認識です^_^

現在は色々な人に体重を制限したり、健康的に正しくダイエットする方法を聞かれることがよくあるので、多くの人が読めるように記事にしてみました!少しでも健康なダイエットに貢献できたら嬉しいです♪