【無料】あなたのダイエットが成功するまでサポートします。

あなたが思っている通り、自宅に本格的なクロストレーナーがあれば、あなたの生活はより豊かになることができます。

というのは、クロストレーナーを買って、「ジムに通う時間もいらないので、プライベートも充実させられるようになった」、「会話がうまれて家族との関係がよくなった!」という人がたくさんいるからです。

 

そんなクロストレーナーを買って成功した!という方たちの感想はこのようなものです。↓

「お父さんの『クロストレーナー買おっか?』が大正解でした!家族全員で愛用しています。」

「自分用に買ったけど、ゲームばかりしていた子供が運動するようになり、前よりも活発になったことにビックリしています。」

「2年間で、元がとれるので15年通っていたジムも辞めてしまいました!」

 

ということで今回は「クロストレーナーを自宅に買った!」という人のクチコミと一緒に、買って後悔しない家庭用クロストレーナーをランキング形式で厳選して紹介します。

あなたも、新しいエクササイズライフを手に入れて、より豊かな充実した暮らしを手に入れませんか?

家庭用と業務用の違いとは?

クロストレーナー_家庭用と業務用の違い

家庭用マシンと言うと、格安でおもちゃのようなものを想像するかもしれませんが、そうではありません。

格安の家庭用マシン〜業務用マシンまで4つにわけて紹介します。

 

格安家庭用マシン(3〜6万円程度)

アマゾンや楽天、ホームセンターなどでよくみるタイプのものです。

格安のマシンは運動ができるということにフォーカスしたマシンです。

横揺れが激しかったり、音がうるさいために、なかなか使用するのが難しいという一面もあります。

『思った以上に耐久性に弱い』ということで毎日使用する場合は1年でガタガタになる可能性もあります。

ですので、幼い子供や高齢者の方には、安全性の面から正直おすすめできません。

格安家庭用マシンは耐久性が低いので、週1回1時間程度の軽い運動をする人におすすめです。

 

おすすめ対象者
  • 運動初心者
  • クロストレーナー未経験者

 

 

家庭用マシン(10~40万円程度)

格安家庭用マシンとは異なり、質感、使用感ともに『ジムで使っているマシンと遜色のないレベル』のマシンが一般的な家庭用マシンです。

スムーズで音も気にならない品質のものが一般的で、家族や近隣に迷惑をかけるという心配もありません。

 

価格も格安のものに比べると倍以上しますが、耐久性や使いやすさを比べると結果的に安いということになります。

なにより、『思いっきり運動ができる!」という喜び、快適さは格安のものでは得られません。

 

ジムに通っていたクロストレーナー好きの人が満足できるレベルで、4年間分のジムの会員費で購入できてしまうため、ジムを辞めて本格的なクロストレーナーを購入する人も多いです。

 

毎日2時間、最高負荷でみっちりトレーニングしても壊れないほどの耐久性が期待できます。

おすすめ対象者
  • アマチュアアスリート
  • 運動愛好家
  • 高齢者
  • 子供

 

 

 

家庭用マシン【ハイエンドタイプ】(50~150万円程度)

4人家族で毎日フルに使ったり、プロアスリートがガッツリ使っても壊れないほど耐久性にも優れているのが家庭用のハイエンドタイプのマシンです。

使用感についても、文句無しでクロストレーナーが大好きな人であれば、1度は夢見たくなほどの満足度を約束できます。

最新のバーチャルアトレーニングなどが取り入れられており、次世代のトレーニング方法を楽しめるものも多くあります。

 

重厚感もありますが、家庭用ということもあり、たたみ一畳ぶんの場所があればリビングやオフィス、寝室にも置くことができるのが魅力的です。

1日8時間ガッツリ使っても耐久性には問題ないでしょう。

おすすめ対象者
  • プライベートジムを持ちたい方
  • プロアスリート
  • アマチュアアスリート
  • 家族で使用する方
  • 運動愛好家
  • 高齢者
  • 子供

 

 

 

業務用マシン(100万円〜)

ジムに置かれているマシンで耐久性がバツグンです。

家庭用のハイエンドモデルで最大体重は140kgほどですが、業務用になると最大体重180kgまで対応できるものがほとんどです。

また、ジムで使えることもあり、複数のユーザー登録やトレーニングに必要な機能以外にも、送風機などの機能もついている充実ぶりです。

おすすめ対象者
  • ジム運営者
  • プライベートトレーナー
  • 経営者(オフィス用)

 

 

日本人に"JOHNSON"がおすすめな5つの理由

クロストレーナー_ジョンソン

JOHNSONとはジョンソン・ヘルス・テック社というアジアで最も使われている有酸素運動(カーディオエクササイズ)のマシンのメーカーです。

なぜJOHNSONがおすすめなのかを5つの観点から説明します。

 

1.品質管理・アフターサービスが優れているから

ジョンソン_アフターサポートが好評な理由

JONSONが選ばれている最大の理由の1つが徹底した品質管理とアフターサービスです。

「変な音がしたけど、すぐに無料で修理してもらえた」

「アフターサービスが手厚くて安心した」

という購入者からのクチコミからも品質管理、アフターサービスの徹底していることがわかります。

コールセンターにつなぐと、専門的なエンジニアがマシンをみながら直接対応してくれます。

また、世界で初めてのWeb修理受付フォームを設置し、もしもの時でも24時間いつでも修理依頼を出せます。

ジョンソンで販売しているクロストレーナーは、すべてシリアルナンバーで品質管理されていて、対応もとてもスムーズです。

 

2. 全国に拠点が138ヶ所もあり対応が迅速だから

なぜ、アフターサービスが優れているのかというと全国の138拠点に提携パートナーを設置しているからです。

沖縄から北海道まで迅速に対応してもらえるので、JOHONSONが選ばれています。

 

3. JONSONはアジアでシェア1位だから

JOHNSONはフィットネスマシーン業界でアジアで1位のシェアを誇っているブランドです。

ちなみに世界1位はLife fitness、2位はTechnogym、3位がJHONSON。

 

日本では大手のセントラルスポーツやルネサンス、ゴールドジムなどの大手で取り扱われています。

 

それでもJONSONがアジアで人気No.1の理由は、本社が台北あり、アジア人の体型や文化などをしっかりリサーチできているからでしょう。

品質にうるさい日本人にとっても製品、品質、質感、使用感、どれをとっても納得すること間違いないはずです。

 

4. 体の小さい日本人にも使いやすいから

JONSONのマシンは快適な使い心地を約束してくれます。

それはマシンだけではなく、マシンについてくるモニターやアプリケーションにも同じことが言えます。

もちろん最新のHIIT(高強度インターバルトレーニング)のメニューやバーチャルトレーニングも楽しめるので効果的かつ楽しみながらトレーニングをすることが可能です。

また、自動的にトレーニングデータを管理してくれる機能もあるので、あなたに最適なトレーニング方法に自然とたどりつくことができます。

 

5. ランニングコストが他社の1/2だから

忘れてはならないのがランニングコストです。

クロストレーナーは買えば永遠に使えるというものではなく、ベルトや細かいネジなどの消耗品は定期的にメンテナンスして交換する必要もあります。

世界シェアを誇る他社の半分のランニングコストですませることができるので選ばれています。

 

それでは、特におすすめのJOHNSONのクロストレーナーからランキングTOP3を紹介します。

 

 

MATRIX E50【家庭用ハイエンドタイプ】

↑ジョンソンで1番グレードの高いクロストレーナーMATRIX50なら、高級ジムのマシーンを使っているような安定感と満足感が得られること間違いありません。

 

車輪やレールがない『サスペンションテクノロジー』を採用しているため、音や摩擦を感じさせません。

また『インダクションブレーキ』により正確で素早く負荷の調整をすることができます。

 

おすすめ度:★★★★★
価格:594,000円

サイズ 173×76×180cm(縦、横、高さ)
※たたみ1畳におさまります。

 

MATRIX E50の特徴

Viewfit対応

Viewfit(ビューフィット)は自宅のwifiと接続し、運動データを自動で記録しアプリで確認できる機能です。

NIKI+やfitbitなどにも対応しており、マシン意外での運動もデータ化してくれます。

自分で目標を立てたり、こなした運動を確認できるので達成しながらあなたの自信をつけながら運動することができます。

 

Sprint8対応

Spring8(スプリング8)は、あなたに合わせたHIIT(高強度インターバルトレーニング)ができるトレーニングプログラムです。

1回20分の運動を週3回、8週間続けることで、成長ホルモンが促進されたり脂肪燃焼、筋力増強が効果的になることが実証されています。

20分の運動と言っても全力で運動する時間はたったの4分。

しかも、あなたに合わせることができます。

あなたの年齢、体重、体力レベルを入力し、5つのコース「初心者」、「中級者」、「上級者」、「エリート」、「カスタム」から選べるので、あなたに最適かつ効果的な運動メニューを自動で組んでくれます。

 

Virtual Active 対応

Virtual Active(バーチャルアクティブ)は家にいながら、世界の絶景を旅行しながらエクササイズできる機能です。

↑実際にバーチャルアクティブを使用している時の映像です。

モニターではなく、大画面で楽しみたい人はパスポートプレーヤー(別売り)に接続することで、自宅のTVやスクリーンに映し出し、よりリアルな世界観を楽しむことができます。

オンラインパーソナルレッスン

MATRIX E50の購入者は1ヶ月間、『スマートコーチ』というオンラインでプロのトレーナーにレッスンや相談ができるプランが無料でついてきます。

トレーナーは厳選されており、フィギュアスケートの高橋大輔選手のパーソナルトレーナーだった渡部文緒コーチたトライアスロンでシドニー、アテネオリンピックに出場した西内洋行コーチが担当しています(2018年1月現在)

 

MATRIX E50の機能&スペック

負荷レベル 1~30
ハンドルタイプ マルチポジション
デュアルアクション
負荷調整ボタン
心拍計グリップ
負荷システムインダクションブレーキシステム
フレームサスペンション・エリプティカル・テクノロジー
最大使用者体重143kg
保証 1年間無償で交換・修理
おすすめ対象者プロアスリート、 アマチュアアスリート、運動が大好きな方、家族で毎日使いたい方

 

MATRIX E50の管理画面(コンソール)とディスプレイ

マトリックスの管理画面はスマートタイプのXIRと必要な機能だけを搭載したXRの2種類から選べます。

両方とも日本語で使えるので、使い方がわからないという心配もいりません。

 

XIR

ジョンソン_マトリックス_画面

MATRIX E50を最大限に活用したいという人に選ばれているのがXIRです。

タイム目標や最大心拍数をリアルタイムで計測、表示できるので、トレーニング効果を確認しながらエクササイズすることができます。

16インチのHD大画面は、タッチスクリーンなのでスマートフォンのように直感的な操作が可能なのでトレーニングに集中しながら操作できます。

 

XR

XRの最大のメリットは、トレーニングに必要最低限の機能だけがついていて、コストも押さえられるということです。

※最大心拍数の表示、目標タイムの表示、バーチャルアクティブやBluetooth、SNSアプリには対応していません。

価格が10万円以上おさえられるので、低価格でMATRIX E50を使いたいという方におすすめです。

 

XIRとXRのスペック比較

機能XIRXR
管理画面
ディスプレイ16インチ8.5インチ
操作方法タッチパネル物理ボタン
登録人数
(ゲストを除く)
4人4人
表示項目カロリー
超過時間
残り時間
距離
タイム目標
速度
心拍数
最大心拍数
ペース
ワット
METs
傾斜
高低差
現在時刻
カロリー
経過時間
残り時間
距離
速度
心拍数
ペース
傾斜
プログラム内容マニュアル
インターバル
ローリングヒルズ
固定ワット
時間目標
距離目標
カロリー目標
目標心拍数プログラム(負荷)
スプリント8
バーチャルアクティブ
マニュアル
インターバル
固定ワット
目標心拍数プログラム(負荷)
スプリント8
 View Fit 対応
  エコモード
 Polar心拍数対応
 パスポートプレイヤー対応
バーチャルアクティブ×
wifi
Bluetooth×
 スピーカー×
対応アプリFACEBOOK
YOUTUBE
NETFLIX
Hulu
他9種類
×
USBポート×
 価格 込み 108,000円引き

 

 

MATRIX E50と同等の他社商品

【公式サイト】Life fitness クロストレーナー FS6  (価格:819,720円)

【公式サイト】Technogym クロストレーナー CROSS PERSONA (価格:1,782,000円)

 

MATRIX E50のクチコミ

まるで、私の体重は98キロもありますが、空の上を走っているような軽快さです!

信じられないほど、スムースでかつ、音がないので一緒に住む家族に迷惑をかける心配も全くありません。

バーチャルアクティブでの運動は思ったより楽しく、「いつかは本当に行って、走ってみたい!」という目標も新たにできて、MATRIX E50に乗るのが毎日楽しみです。

 

MATRIX E50の申し込みはコチラから>>

Horizon Andes 7i【家庭用】

Andes 7i(アンデス・セブン・アイ)の最大の特徴は、アマチュアユーザーからは『ジムで使っていたものと遜色ない』と言われるほどの安定感と使いやすさを実現しつつも、ワンタッチで折りたたんで収納できるという点です。

 

おすすめ度:★★★★☆
価格:237,600円

サイズ 173×76×171cm(縦、横、高さ)
収納サイズ  102×67×171cm(縦、横、高さ)
※たたみ1畳におさまります。

 

 

Andes 7iの機能&スペック

負荷レベル 1~30
ハンドルタイプ負荷調整ボタン
ハンドグリップ心拍数
負荷システムインダクションブレーキ
最大使用者体重136kg
保証 1年間無償で交換・修理
おすすめ対応者初級〜中級レベルのアマチュアアスリート
運動が大好きな方
家で快適な運動がしたい方

 

Andes 7iのコンソール(管理画面)とディスプレイ

管理画面
ディスプレイ6.25インチ
操作方法物理ボタン
表示項目カロリー
超過時間
距離
速度
心拍数
負荷レベル
プログラムレベル
ペース
ワット
プログラム14種類

・マニュアル
・インターバル
・ゲーム
・体力テスト
・体重減量
・体重減量プラス
・ローリング
・リバース
・一定ワット
・インターバルワット
・目標心拍数ゾーン
・%目標心拍数
・ストレングスビルダー
・カスタム

 View Fit 対応
  エコモード
 Polar心拍数対応
 パスポートプレイヤー対応
wifi
 スピーカー
 価格 込み

 

同等の他社商品

【公式サイト】Life fitness クロストレーナー E5 (価格:756,000円)

【公式サイト】Technogym クロストレーナー SYNCHRO FORMA (価格:702,000円)

 

Andes 7iのクチコミ

15年通い続けたジムを退会しました。毎日ジムでクロストレーナーをしていました。マラソンをしているため、そのトレーニングも含め身近に置いて隙間時間でもできるクロストレーナーの購入を予定していました。ジム用に一番近い形、足腰を痛めない構造、そしてジム月会費を支払うことを考えると2年間弱で元がとれる。実際音も小さく、動きが滑らか、体への負担が少ないこと、かなり満足しています。

 

Andes 7iのデメリット

Andes 7iのデメリットは、プロアスリートにとっては『もっと高負荷でトレーニングしたい』というリクエストもあります。

プロアスリートの方で激しいトレーニングを求めるのであればMATRIX E50の方がおすすめです。

 

アンデス7iの申し込みはコチラから>>

Horizon Andes 3【家庭用エントリーモデル】

↑運動不足を解消したい女性、高齢者の方に人気なのがAndes3(アンデス・スリー)です。

ジョンソンから出ているクロストレーナーのエントリーモデルなので、とりあえず、自宅で使えるクロストレーナーが欲しいという方に選ばれています。

 

おすすめ度:★★★☆☆
価格:172,800円
サイズ 173×67×171cm(縦、横、高さ)
収納サイズ  102×67×171cm(縦、横、高さ)
※たたみ1畳におさまります。

 

 

Andes3の機能&特徴

負荷レベル 1~16
ハンドルタイプ負荷調整ボタン
心拍計グリップ
負荷システムECBマグネットブレーキ
最大使用者体重136kg
保証 1年間無償で交換・修理
おすすめ対応者運動好きな主夫
高齢者

 

Andes3のコンソールとディスプレイ

管理画面
ディスプレイ5.5インチ
操作方法物理ボタン
表示項目カロリー
超過時間
距離
速度
心拍数
負荷レベル
プログラムレベル
ペース
ワット
プログラム10種類
・マニュアル
・インターバル
・ゲーム
・体力テスト
・体重減量
・ローリング
・リバース
・一定ワット
・目標心拍数ゾーン
・カスタム
 View Fit 対応
  エコモード
 Polar心拍数対応
 パスポートプレイヤー対応
wifi
 スピーカー
 価格 込み

 

同等の他社商品

【公式】Life fitness クロストレーナー E3 (価格540,000)

 

Andes3のクチコミ

編集中

 

アンデス3の申し込みはコチラから>>

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします