【無料】あなたのダイエットが成功するまでサポートします。

3ヶ月目は食べる量も少し気にしだしました。

というのも、精神的なストレスもピークに足して、

「このままではわたしがダメになってしまう!」

となってしまったからです。

 

でも、これが始めての出産であり育児!

初めてのことはなんでも大変ですよね(苦笑)

ということで産後3ヶ月目のダイエット...というよりも過ごし方についてカキたいと思います。

産後3ヶ月の体重は1キロ減った!

ここにきてやっと体重が1キロ減りました!

・・・

と言ってもそこまで体重に対する意識よりも日々の育児や家事に追われそれどころではなかったのが現状でした。。。

一応体重を少し意識して食べる量は考えたんです。

でもそれは完全母乳から半分ミルクにして食べる量を減らしただけにすぎませんでした。

 

人間食べなければ痩せていくのは当たり前ですよね。

この時期の食べないで見かけだけの減量は本当におすすめしません!!

余裕があれば完母でしっかり栄養を赤ちゃんにあげたかったです。

 

産後3ヶ月目で起こる体の変化

このころはまだ生理は始まりませんでした。

まわりでは「もう始まってるよ!」という話も聞きましたが、個人差もあるしそこまでは気にならなかったのが正直なところです。

ただ、抜け毛は多かったです!このまま続くとハゲてしまうんじゃないか・・・とか(笑)

でも妊娠中から抜け毛はあったからそこまで気にしないようにしていました。

何もない時に抜け毛が多いと何か病気なんじゃないかとか、深刻になったりとかすると思うんですけど。。。

ちなみに出産が終わるとふつうに戻りましたし(笑)

だから妊娠中のママさんたちも抜け毛は「えー?!」と思う方もいるかもしれませんが

あまり気にしなくて大丈夫ですよ!

 

産後3ヶ月目の心の変化『疲れがピークに!イライラして旦那とケンカも』

とにかく慣れないことだらけの毎日でした!

日中はこどもと2人きりの生活・・・ただそれだけでストレスが溜まりましたね~。

最初のイメージではわが子は「目に入れても痛くない!」みたいなこと言いますけど、

確かにかわいくて愛おしいんです!・・・でも生活となるとまた別の話です。

家事も今まで通りのペースが頭に入ってるけど、泣かれて思うようにいかなくてストレスが・・・。

 

イライラしないことを探すほうが難しいんじゃないかってくらいイライラしてましたね(笑)

 

しかもなんで泣いてるかわからず、抱っこしてもおっぱいあげても泣き止まないときは、

「こっちが泣きたくなるよ!!」っていう気分でした(笑)

からだは疲れてるし、眠いし、そこで旦那さんとちょっとしたことでケンカになる・・・

完全に負のスパイラルですね!!

 

疲れがピークに達した時に私がやった対処法5つ

イライラしないことを探すのが大変なくらい常にイライラして疲れもピークに達した時に私はこんな方法で解消していました。

特に効果的だった3つを紹介します。

 

ママ友に悩みを相談する

同じくらいの歳のこどものいる友達と会うことです!

はっきり言ってこの悩みを共有できるのは同じ境遇の人だけだと思います!(私の偏見かもしれませんが・・・)

けっこう同じ悩みを抱えている人が多くて、解決はしなくても話してるだけで肩がすっと軽くなります!

強い人であれば1人で乗り越えていけそうだけど、ほとんどの人は強くないと思います。

悩みがあればどんなことでも口に出して同じ境遇の友達と話してください!!

絶対にストレスは減ります!!!

 

旦那に相談する

旦那さんに愚痴ったり、甘いものを食べたり・・・

結局旦那さんに愚痴ってストレス発散っていうのは否めないですね(笑)

旦那さんも仕事で疲れてるのに申し訳ない気持ちはあります!!

でも人に会う機会も減り、愚痴をいちばん言いやすいのは間違いなく旦那さんです(笑)

 

 

ときどき甘いものを食べる

あとは甘いものを食べるともちろんストレス発散になりましたね~!

いけないとは分かっていてもついついイライラモードになると自分に甘くなってしまいました。。。

でも愚痴も甘いものも我慢のしすぎはよくないです!

適度に愚痴って、適度に甘いものも食べればいいと思うんです。

あ、適度にですよ(笑)

 

 

自分の時間も大切にする

これは出来る人とそうでない人がいるので一概には言えませんが、

「ひとりになる」ことのありがたさというのはすごく感じました!

決してこどもが嫌だとかではなく、やっぱり体も心ももたないんです。適度に休めてあげないと!

たとえば両親に遊びに来てもらったり、旦那さんに預けたりしてひとりの時間を作りました。

 

ミルクと混合にする

本当は完母育児をしたかったのですが、「これ以上は無理!」ということでミルクと混合で育児をすることにしました。

旦那さんに相談したかいもあったし、これで自分1人の時間も確保できるようになりました。

完母育児には憧れますが、母親として自分の体がどうかしてしまったらますます育児は大変になるかもしれません。

 

ですので、精神的に辛かったらミルクにも頼ってみてください!

 

まとめ

まとめとして、ホントは母乳で育てたい気持ちが強かったです!

でも完全母乳だと泣かれた時に母親の私しか対処できないことが多かったんです。

少しでも負担を減らすではないですが、みんなに協力してもらってなんとか乗り切ったという感じですね!!

たとえばミルクにしたらお腹すいて泣いた時は旦那さんに頼めるようになる!

少しでも旦那さんにやってもらう時間を増やして、自分が心も体も休めるようにしました!

そして結果的に混合にすることで体重も1キロ痩せました!

ときには甘いものを食べたりしましたが(笑)

ストレスを溜めすぎるといろんな方向に跳ね返ってくるので、「無理せず」というのが大事だと思います!!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします