産後2ヶ月目のこの時期まで、完母で育児をしていたわたしですが、妊娠中に増えた体重は全く減りませんでした!

完母で育児をしている人の話を聞くと、

『母乳を上げているからか、どんどん体重は減っていったよ?^^』

って話も聞いていたのですが、わたしは例外でした(涙)

 

というのも、食欲がドンドン増して行ったんですよね(笑)

それでは、あたしの産後2ヶ月目の過ごし方や、よくある産後2ヶ月目の悩みなど、実体験をそえてお伝えしたいと思います。

 

産後2ヶ月目の体重は、変わらず+8キロ

産後2ヶ月目、最初の頃は体重は落ちませんでした!

実家ではなにも家事はやらずに動くこともなかったし、自分の家に帰ったら家事をやることになるので・・・

みたいな甘い考えでした(笑)

そこで今よりかは体を動かしてだんだんと痩せると思っていました!

だからあまり体重のことは気にしなかったんですよね...

自分に都合のいい思い込みって怖いですね(笑)

ちなみに、外からは見えませんが、産後2ヶ月目の体の中では、大きな変化がおきています。

 

産後2ヶ月目、体の中はこんなことになっているらしい


↑妊娠中に大きくなっていく子宮が元の大きさに戻りだします。

実際にどんなことが体に起こるのでしょうか?

 

子宮が産前の前の大きさに戻る『子宮復古』がやってきます。

妊娠すると、子宮が大きくなり、胎盤もできてきます。

その大きくなって胎盤ができた子宮が出産前の元に戻ることを「子宮復古」というんです。(なんか歴史の勉強ででてきそうな名前ですよね...)

 

期間でいうと、だいたい産後6~8週くらいで終わります。

産後6〜8週目になると妊娠中に5〜7倍も膨らんだ子宮が、産前の大きさに戻ると言われています。

 

で、子宮復古中にどんなことが起こるかというと子宮が収縮して分娩後の出血を止めたり、悪露の排出を促したりします。

 

わたしの場合は、悪露の量がだんだん減っていったので子宮復古の状態にはあったと思いますが、それ以上に食べていたので、お腹の大きさが小さくなった感覚はありませんでした。

 

子宮復古がこない危険性も...『子宮復古不全』とは?

子宮復古不全とは簡単に言うと、上でお話しした子宮復古がなかなか進まず、子宮の回復が悪い状態を指します。

とは言っても、なにが良くてなにが悪いかなんてわからないですよね。

一般的には悪露は濃い赤色なんですが、だんだん薄くなってきておりものに近い形になっていきます。

大体1ヶ月くらいでおりものに近い形になるのですが、1ヶ月を過ぎてもまだ悪露の色が濃い赤色だったり、大きな血の塊が出たりする場合はすぐ産婦人科に行ってください!!

 

産後2ヶ月目の過ごし方

まだ産褥期。

実家にいたときよりかは体は動かすようになったけど、家事をやりつつ育児をするのはやっぱり大変!

だから実家にいたときよりもストレスが溜まりました。

 

そのストレスを発散するために食に走ってしまったんです・・・。

そりゃあ痩せないですよね(笑)

 

たとえば、ごはんを作ってる時や掃除をしている時、自分が少し休みたい時があっても、そんなことはおかまいなしに、どんな時でもこどもはお腹を空かせたりなにかを訴えて泣きます。

 

自分のタイミングで動くことができないストレスがいちばん大きかったですね!

 

そんな中でも産後2ヶ月目になると、こどもを少しずつ外に連れていったり散歩したり友達と会ったり、外食したりするようになりました!

時にはリフレッシュも必要ですよね!!

 

産後2ヶ月目によくある悩み5つ

産後2ヶ月目によく聞く悩みとわたしの経験と感想をお伝えしたいと思います。

 

本当によく聞く悩みなので、私の経験や失敗談もぜひ参考にしてみてください^^;

 

1. 食欲が止まらない

これは、わたし自身の体験なのですが、完母だったこともあり、食欲はドンドン増していきました。

食欲を我慢してストレスを溜めても母乳の出が悪くなるという話を聞いていました。

なので、なるべく我慢しないようにしました。

それでも間食だけは少なくしよう頑張りました。

どこかで線を引かないとダメかなーって思いましたね!

間食をほとんどしなかったので、3食のごはんはモリモリ食べました!!

 

2. 運動不足による便秘

家事と育児の両立が大変で忙しく、散歩や買い物以外は運動という運動はしませんでした。

買い物といっても歩いて行ける近くのスーパーですが、それでも運動にはなったし、気分転換には十分でした!

実家にいた時よりは体は動かすようになったので、産後1ヶ月目よりはまだよかったけど、まだまだ便秘の状態が続きました。

 

3. 体型について

産褥期、育児で忙しいと言っても、なにかと意識してしまうのが、やっぱりブヨブヨに伸びてしまったお腹の皮膚や腰にのったお肉です。

妊娠前のズボンを出して入らないよなーと思いながら履いたけど、お腹どころかお尻でつっかえて入らなくてすごいショックでした・・・。

今思い出してもショックです(苦笑)

お腹が出てるのもあるけど、お尻とか腰回り全体が妊娠前よりもだいぶ肉がついてるんだなと、そのとき改めて実感しました。

 

4. 妊娠線が薄くなってこない?

産後2ヶ月目に薄くなってくるという妊娠線ですが、なかなか消えずに悩んでいる人もいるようです。

私の場合は...妊娠線が少し残ってはいたけど、そこまで気にならなかったですね!

でも個人差もあるし、少しでも跡残ると嫌っていう人はなかなか大変だと思います・・・。

 

5. 産後うつ

10人に1人は悩むという産後うつですが、産後2〜3週目、産後3ヶ月までに発症する人がおおいようですね。

私の場合は、母乳あげても飲まない、オムツ変えても泣き止まない、なんで泣いているのかわからないみたいなことが続いたときに、

「私の頭がおかしくなる」と自分で自分に言い続けて子供を抱っこしながら家の中を歩き回ったことがありました。

 

今おもうと、異常な行動だけど、当時はこうして気を紛らわせないとやってられませんでした。

もうストレスが溜まりすぎて、限界に近づいてたんだなと思います。

 

その時、は泣きながら旦那に話したり、友達に相談したりして乗り越えていきました!

周りの人に相談できずに1人で抱え込んでいったら間違いなく産後うつになっていたんだなと思います!

なので周りの人との関わりは、こどもとの関わりと同じくらい大事なんです!

 

『自分のこともこどもと同じくらい大事だ!』

 

ということを忘れないでください!!

 

産後2ヶ月目にできればやっておきたかったこと

初めての出産、子育てにくわえて、わたし自身の体も初めての経験をする産後はやっぱり大変です。

それでも、産後2ヶ月目にやっておけばよかったな〜ということはあります。

大変!忙しい!と思っても、誰かに相談することで解決できたこともあるかもしれません。

わたしが産後2ヶ月目にやっておけばよかったと思うことは、ズバリ

 

『 もっと夫婦で協力体制を作れていればよかった』

 

ということです。

 

完母ではなく、ミルクの混合にすれば旦那にも子供を預けることができました。

そうすれば少し1人になる時間ができて、ストレスを減らして運動する気持ちになったり、子供や旦那にイライラすることが減ったりしたかもしれないですねー!

 

産後2ヶ月目に哺乳瓶でミルクをあげようと思っても、こどもはおっぱいじゃないと受け付けなくなっていたので、うちはずっと完母のままいくしかありませんでした。

やっぱり周りの人の協力は大事です!!

一人でがんばろう!という気持ちも大事ですが、潰れちゃう前に絶対に周りを頼ってください!!

 

私の産後の記録はこちらの記事で紹介しています。

 

産後2ヶ月目の過ごし方【まとめ】

家事をほとんどできなくても、今日1日子供の世話を頑張ったと思うようにすれば、もっと心に余裕があったかもしれないです!!

 

当時は自分で頑張ったなんて思えなかったけど、これからのママさん!がんばってる自分をすこしだけでいいので認めてあげてください!

 

結局、

「今日は掃除機かけて洗濯してごはんは何を作ろう....!!」

と思っていても、子供の世話で大半はできないことが多くて、家事が全然できないことにイライラしていました。

 

家事のことはもっとゆるくやって子供の世話をメインに考えればよかったですね。

とは言っても、家の中が汚かったり洗濯物は子供や旦那の服などがあって、何日も放置するわけにはいきません!

今日は子供の世話だけをして、『ごはんはレトルト!』など、1日だけ家事を放置するとかにすれば、メリハリがついて良かったです!

すべて思い返すことですが、そのときこういう風に考えて出来てればなーって思いますね!!

 

>>産後3ヶ月目、疲れとイライラがついにピークに達し...

※2019年1月に有料化するコンテンツを無料で体験いただけます。

は必須項目です

  • メールアドレス
  • 名字※ 

※携帯・スマホのアドレス、icloudのアドレスは無料講座のメールを受け取れない場合があります。普段お使いのPCメールアドレスをご登録ください。


※いつでもワンクリックで解除できます。






この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう