1. TOP
  2. ダイエットの基礎知識
  3. ブルゾンちえみに学ぶダイエット習慣を身につける5つの秘訣

ブルゾンちえみに学ぶダイエット習慣を身につける5つの秘訣

2017年を象徴する芸能人といえば、ブルゾンちえみさんですよね。

今年は24時間マラソンのランナーとして90キロをみごとに走破しました。

 

キャリアウーマンとしての実績もそうですが、体重がMAX70キロから60キロに痩せたというダイエットの実績も持っています。

 

今回はそんなブルゾンちえみさんに学ぶダイエットを成功させる秘訣5つを紹介したいと思います。

 

1. 流行を掴んでいるから


ブルゾンちえみさんはしっかり流行を掴んでいます。

『女性の社会進出』、『草食男子』そして『バブルファッション』と言えば、近年の流行とピンとくる人も多いはずです。

 

女性の社会進出はメディアでも取り上げられて、より女性の地位が向上するように訴えられており、男性が女性をサポーターする『主夫』という言葉も最近認められる用になってきました。

バブルファッションといえば「太眉に赤い口紅」。

 

『ブルゾンちえみwith B』にはこれらを連想される要素が全て入っています。

 

それから2016年にはバブリー芸人の平野ノラさんが2ブレイクして、芸人でもバブルがウケる雰囲気も出てきていました。

↑平野ノラさんとのショット

 

ちなみに実際に「キャリアウーマン」のネタができたのも2016年の夏でした。

この時点でブルゾンちえみさんがブレイクする確率は結構高かったと思います。

 

ダイエットにおいても流行を追うことは大切です。

なぜなら、ダイエットの最新情報というのは常に塗り替えられているからです。

 

例えば、昔は走ることがダイエットに1番いいとされていました。

しかし、そのうちに「有酸素運動」の方が、脂肪燃焼効果が高いと言われ、主流になりました。

そして2017年にはHIIT(高負荷インターバルトレーニング)の方が有酸素運動よりも脂肪燃焼効果が高いということが一般化されてきました。

 


↑80年代に流行ったダイエットはエアロビクス。

 

また、食事に関しても、脂質制限ダイエットがはやり、低カロリーダイエットがはやり、今は糖質制限ダイエットが主流になっていますね。

 

ダイエットにおいても最新の情報を取り入れることが成功の秘訣と言えるでしょう。

 

2. 自分で考えているから

/ B / U / R / U / Z / O / N / #tokyo #japan

ブルゾンちえみ ( BURUZON*CHIEMI )さん(@buruzon333)がシェアした投稿 –


ブルゾンちえみさんは、テレビの出場回数も増え、コメントを求められる場面も増えてきました。

色々な大御所からの質問に対する返答を聞けば「あ、この人頭いいな。ちゃんと的を得て応えている」という印象を持つはずです。

 

また、意見もハッキリしていて、偉い人が言うから言いなりになるという印象もありません。

かと言って、喧嘩腰になるわけでもなく、相手にも対等と思わせる力があるんですよね。

 

ダイエットについても、「あなたが正しいと思うダイエット方法」をすることが重要です。

「◯◯ダイエットが効果があるらしい」

「テレビでは◯◯ダイエットがやってたよ〜」

という流行りのダイエット情報の中から【あなたが効果があると思うダイエット方法】をみつけて、あなたなりにアレンジすることが重要です。

 

3. 美意識が高いから


最初は、「ふと眉毛と赤口紅に冷たそうな表情」はキャラ作りだと、誰もが思っていたのではないでしょうか?

でも実際はブルゾンちえみさんの美意識は高く、あのコシノジュンコさんからも

「あなたはチャーミング」

と評価されています。


↑コシノジュンコさんのバースデーパーティにも招待される。

 

美意識が高くなると服装も体型にもしっかり意識が行くようになるので、体の管理も必然になってきます。

 

もしあなたが今、「私にはそんなモデルのような服は似合わない」、「そんな服、自身がない」と思っていて、ずーっと変われずにいるのであれば、今後も買われないでしょう。

 

美意識が高くなるように、ファッション雑誌やモデルに見習って考え方から変えていきましょう。


↑”美しく生まれたとは思っていないわ。私はただ、私に生まれてきただけ”はナオミ・キャンベルさんの明言が映える写真。

 

4. 仕事を黙々とこなすから


仕事に没頭するとダイエットも軌道に乗りやすいです。

キャリアウーマンキャラですが、実際にお笑い界のスーパーキャリアウーマンです。

 

ブレイクしてからというものドラマ出演やCM、それからネタの音楽でも使っておりアメリカのビッグアーティスト、オースティン・マホーンとのコラボするまでの大進撃となっています。

 

そして、8月には24時間テレビのマラソンランナーも努めたわけです。ランナーになるにあたり、仕事のスケジュールの合間を縫ってトレーニングもしなければならない状態でした。


↑24時間マラソン中のブルゾンちえみさん。

まさに、寝る間や食事する間ががないほど激務な状態です。

 

こうなると、仕事に集中しているため、空腹を感じなくなったり、ムダな食べ物を食べに行く時間もなくなるので痩せやすくなります

 

もし働いていないのであれば、家事を極めたり、趣味を極めたりすることに時間を使ってみましょう。

ムダなものを食べなくなり、眠くなるのが嫌になるので食べ過ぎるということもありません。

 

人気の関連記事はこちら

 

ブルゾンちえみに学ぶダイエット成功の秘訣【まとめ】

今回紹介した5つの考え方を元に、あなたに合ったダイエット方法が見つかり、そして成功することに少しでも役立てていただければと思います。

 

余談ですが、90キロを走り終えたあとの体重は変化してなかったそうです(笑)

やはり痩せるには運動よりも食事管理をしっかりした方が効果的です。

食べ方を少し変えるだけでも痩せる習慣を作ることができます。

>>自然と食べる量が減る食べ方ダイエットとは?

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットライフ〜確実かつ健康的に痩せる方法を厳選して紹介〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットライフ〜確実かつ健康的に痩せる方法を厳選して紹介〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!


ライター紹介 ライター一覧

ダイエットライフ編集部

ダイエットライフ編集部

ダイエットハウスの中の人。
元オリンピックコーチ。

10年間くらい、アスリート生活をしていました。『痩せやすいけど太りやすい』という体質なので、1年間に5キロ位体重が上下に変動するため、+ー5キロは誤差認識です^_^

現在は色々な人に体重を制限したり、健康的に正しくダイエットする方法を聞かれることがよくあるので、多くの人が読めるように記事にしてみました!少しでも健康なダイエットに貢献できたら嬉しいです♪

この人が書いた記事  記事一覧

  • ロナウジーニョが飲んでいるHMBサプリ金剛筋HMBがヤバイ!?超回復を早めて効率的にボディメイク!!

  • 運動前に飲みたい燃焼系ダイエットサプリランキング厳選3選【男性・女性兼用】

  • 芹那がボニックプロで復活!? 2018年は再ブレークの年になるのか…

  • あなたがダイエットを失敗し続けている3つの理由

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

  • ダレノガレ明美も評価!ヒートスリム42℃を12日間試した効果を口コミ!半額になる使い方!?【貼るだけダイエット】

  • 拒食症必見!くみっきーに学ぶ健康ダイエットの法則

  • 激太り丸山桂里奈が効果絶大の痩せ食材『きゅうり』で6.6kg落としたダイエット方法とは?

  • 水着よりセクシー!長澤まさみのキャバレーに学ぶ美脚・胸・美尻の作り方

  • コーヒー浣腸?海外セレブも実践する『コーヒーエネマ』ダイエットとは?

  • 【50代】更年期で肉体的にも精神的にも崩れる。下腹部がポッコリ、メタボ体型に。